ジャガー初の電気自動車「I-Pace」が日本での受注を開始|Jaguar

ジャガー初の電気自動車「I-Pace」が日本での受注を開始|Jaguar

CAR NEWS

Jauguar I-PACE|ジャガー Iペイス

ジャガー初の電気自動車「I-Pace」が日本での受注を開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは9月26日(水)、ジャガー初のフルバッテリー電気自動車(BEV)「Iペイス」の受注を開始した。

Text by YANAKA Tomomi

470kmの航を可能にする90kWhバッテリーを搭載

2016年に初披露され、BEV専用車としてゼロからデザイン、開発された「Iペイス」がついに日本でも発売される。

ボディサイズは全長4,695mmで、「Fペイス」と同等のミッドサイズSUVでありながら、ラージサイズSUV並みの室内空間を実現。空力特性を強化したルーフデザインを備え、EVならではのキャブフォワード デザインを採用するなど、空気抵抗係数(Cd値)は0.29まで引き下げられた。

パワートレインは、ジャガー製の永久磁石同期式電動モーターを前後に1基ずつ配置。四輪駆動で、最高出力は294kW(400ps)、最大トルクは696Nmを発生し、0-100km/h加速は4.8秒を記録する。またバッテリーは90kWhリチウムイオンが搭載されており、470kmの航続が可能としている。

s_09
s_12

ブレーキは回生ブレーキと機械式ブレーキを一体制御する電動ブレーキサーボを採用。高回生の「high」と低回生の「low」の2段階から強度が選択できる回生ブレーキを用い「シングルペダル ドライビング」も可能となった。

ボディは、車体の94パーセントにアルミニウムを使用した強度と軽量化をかなえるアルミニウムアーキテクチャーを採用。バッテリーフレームを可能な限り低い位置でレイアウトすることで重量配分50:50と、ジャガー史上もっとも高いねじり剛性を可能にしたという。

サスペンションは、オプションで連続可変ダンパー付きエアサスペンションも選択可能。通常は90mmで走行し、乗降時には40mmに。BEVでありながら、最大水深500mmまでの走行ができるという。