歴史ある時計を観て、愛でて、購入できるヘリテージ展|VACHERON CONSTANTIN

VACHERON CONSTANTIN|歴史ある時計を観て、愛でて、購入できるヘリテージ展

※裏面は、シースルーバックではなく、裏蓋を外した状態。

Watch & Jewelry NEWS

VACHERON CONSTANTIN|ヴァシュロン・コンスタンタン

今年は特別な「ニックネーム」のエキシビションも同時開催。
“購入できる”ヘリテージピース展

ヴァシュロン・コンスタンタンの“購入できる”ヘリテージ展『VACHERON CONSTANTIN’S LES COLLECTIONNEURS & NICKNAMES EXHIBITION』が10月27日(土)から11月30日(金)まで、ヴァシュロン・コンスタンタン銀座ブティックで開催。さらに今年は「ニックネーム」と称される特別なヘリテージピース19点も同時に展示される予定だ。

Text by YANAKA Tomomi

「悪魔」や「チョコレート」の名称を持つヘリテージピースも

1755年の創業から途切れることなく時計づくりを続けている世界最古の高級時計マニュファクチュール、ヴァシュロン・コンスタンタン。260年以上の長い歴史の中で継承されてきた歴史的遺産を堪能できるイベントがこの秋、期間限定で開かれる。

3回目となる今年は、1920年代から’60年代後半にかけての懐中時計や腕時計20点以上が登場。1928年製のパルスメーターが付いた懐中クロノグラフや、クル・ド・パリ模様のギョウシェが施されたベゼルとシルバーの文字盤の組み合わせがエレガントな1962年製のレディスウオッチなどが注目アイテムとして出品される。そして、これらは購入することも可能だ。

一方、今年1月にジュネーブ、6月にパリ、そして日本と、世界各国のブティックを旅するニックネームピース展では、展示品の販売はないが、非常に貴重なアイテムが並ぶ。1917年から’64年にかけて製作された希少モデルには、「悪魔」「チョコレート」「牛」など、各時計のケースデザインや装飾により着想を得たニックネームが付けられている。また、時計と同時に展示されるスケッチ画アートも楽しめる。

歴史あるタイムピースを観て、愛でて、購入できる特別な機会。メゾンの長い歴史の中で培われたヘリテージピースを間近で鑑賞したい。

LES COLLECTIONNEURS

02_vacheron_openers-260x391
03_vacheron_openers-260x391
04_vacheron_openers-260x391
05_vacheron_openers-260x391

※裏面は、シースルーバックではなく、裏蓋を外した状態。

NICKNAMES EXHIBITION

06_vacheron_openers
07_vacheron_openers-260x391
08_vacheron_openers
09_vacheron_openers-260x391

VACHERON CONSTANTIN’S LES COLLECTIONNEURS & NICKNAMES EXHIBITION

期間|10月27日(土)~11月30日(金)
時間|12:00〜20:00
会場|ヴァシュロン・コンスタンタン 銀座ブティック2階
住所|東京都中央区銀座7-8-8
電話|03-3569-1755

問い合わせ先

ヴァシュロン・コンスタンタン

0120-63-1755

http://www.vacheron-constantin.com