マイルドハイブリッドのAMG「53シリーズ」を発表|Mercedes-AMG

マイルドハイブリッドのAMG「53シリーズ」を発表|Mercedes-AMG

Mercedes-AMG CLS 53 4MATIC +

CAR NEWS

Mercedes-AMG E 53 4MATIC +|メルセデスAMG E 53 4MATIC +
Mercedes-AMG CLS 53 4MATIC +|メルセデスAMG CLS 53 4MATIC +

直6+マイルドハイブリッドのメルセデスAMG53シリーズ

メルセデス・ベンツ日本は9月6日、直列6気筒エンジンとISG(インテグレーテッド スターター ジェネレーター)、48V電気システム、電動スーパーチャージャー、四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」を搭載したメルセデスAMGの新しいモデルシリーズ「AMG 53シリーズ」を発表した。モデルバリエーションとしては「Eクラス」(セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレ)と「CLS」があり、同日から注文受付を開始するという。

Text & Photographs by HARA Akira

パワートレーンは大排気量自然吸気エンジンのような仕上がり

発表会に登壇した同社の上野金太郎社長は、「この3ヵ月でリリースしたメルセデス各モデルはいずれも好調な売れ行きで、まず新型「Gクラス」は年内納車予定のものは完売。新型「CLS」はメルセデスの今後のデザインを示唆するもので、こちらも好調に推移。6,500箇所を改良した新型「Cクラス」も昨年を25パーセント上回る売れ行きだ」とした。そしてAMGについては、「エントリーモデルである43シリーズが販売を牽引しており、今回48V電気システムを組み合わせることによりパフォーマンス、快適性、ドライビングプレジャー、環境性能のバランスをさらにハイレベルで追求したのが53シリーズである」と説明した。

次に「53シリーズ」の特徴を紹介したのが、2012年に入社し、日本とドイツの架け橋として今年8月からマーケティング・コミュニケーション部AMG課に配属されたレナート・ニグマン氏だ。53シリーズ最大の特徴である直列6気筒エンジンとISG、48V電気システムによるパワートレーンについては流暢な日本語で「まさに大排気量自然吸気エンジンのようなパフォーマンスを発揮する」と言い切った。詳細を見ていこう。

Mercedes-AMG CLS 53 4MATIC +

Archivnummer: SSPIP86916

ISGはエンジンとトランスミッションの間に配置した最高出力16kW、最大トルク250Nmの電気モーターで、オルタネーターとスターターの機能を兼ね備える。このモーターと48V電気システムを組み合わせることで、回生ブレーキによる発電と、約1kWhのリチウムイオンバッテリーへの充電、低回転域での動力補助を行う。また48Vまで高められた電気システムは、エンジン始動時の振動を抑えたスターターや、低回転を保持するアイドリング、最小限の時間で完了すギアチェンジを可能にし、効率性、快適性、静粛性に貢献するという。

また、フロントに搭載する3.0リッター直列6気筒「M256」型エンジンは、電化を前提として設計された初めてのパワーユニット。先行して採用された「S 450」のエンジンに大型ターボを組み合わせ、最高出力435PS(320kW)/6,100rpm、最大トルク520Nm/1,800-5,800rpmを発生(S450より、プラス68PS(50kW)、プラス20Nm)。これに、低回転域で過給を行う「電動スーパーチャージャー」を搭載し、先のISGと排気ターボチャージャーを組み合わせることで、あらゆる回転域で俊敏なエンジンレスポンスを可能にしたといい、0-100km/h加速4.5秒のパフォーマンスが公表されている。