BMWが新型スポーツア クティビティ クーペ「X4」を発表|BMW

BMWが新型スポーツア クティビティ クーペ「X4」を発表|BMW

CAR NEWS

BMW X4 M40i|ビー・エム・ダブリュー X4 M40i
BMW X4 xDrive30i|ビー・エム・ダブリュー X4 xDrive30i

新型スポーツ アクティビティ クーペ「X4」を発表

BMWは9月6日、新型SAC(スポーツ アクティビティ クーペ)「X4」の発表会を都内で開催した。X4は同社のSAV(スポーツ アクティビティ ビークル)「X3」をベースとしたクーペ版で、2014年に初代がデビュー。今回が2代目となる。

Text & Photographs by HARA Akira

優雅でダイナミックなエクステリア

新型BMW X4は、2.0リッター直列4気筒エンジン搭載の「X4 xDrive30i」と、3.0リッター直列6気筒エンジンの「X4 M40i」をラインナップ。ボディは全長4,760×全幅1,920(M40iは1,940)×全高1,620mmで、ホイールベースを先代モデルから55mm延長した2,865mmとすることで、ルーフのクーペラインの優雅さを際立たせるとともに、大型化したキドニーグリルや深く刻んだプレスラインにより、低重心で存在感のあるスタイリングに一新したという。

xDrive30iが搭載するのは最高出力252ps(185kW)/5,200rpm、最大トルク350Nm/1,450-4,800rpmの2.0リッター直列4気筒ツインパワーターボ ガソリンエンジンで、0-100km/h加速は6.3秒、燃料消費率13.4km/ℓを公表。高性能版のM40iが搭載するのは最高出力360ps(265kW)/5,500rpm、最大トルク500Nm/1,520-4,800rpmの3.0リッター直列6気筒Mパフォーマンス ツインパワーターボ ガソリンエンジンで、0-100km/h加速はわずか4.8秒、燃料消費率は10.9km/ℓとなっている。

327-bmw-x4-03
327-bmw-x4-15

トランスミッションはいずれも8段ATで、駆動方式は最適なロードホールディングを実現するため電子制御式多板クラッチで前後の駆動力を再配分する「xDrive」四輪駆動システムを採用する。

安全機能・運転支援システムでは、部分自動運転を可能にした「ドライビング アシスト プラス」を装備。ルームミラー内のステレオカメラと前方3基、後方2基のミリ波レーダーにより、日常走行時だけでなく夜間や悪天候下でもクルマの周囲を安定して検知し、判断や警告、高速走行時や渋滞時の安定走行をサポートするという。