新型アウディA8、A7が日本上陸|Audi

新型アウディA8、A7が日本上陸|Audi

CAR NEWS

Audi A8|アウディA8
Audi A7 Sportback|アウディ A7 スポーツバック

新型アウディA8、A7が日本上陸|Audi

アウディ ジャパンは同社のフラッグシップセダンで8年ぶりにフルモデルチェンジした「A8」と、同じく7年ぶりにフルモデルチェンジしたプレミアム4ドアクーペ「A7スポーツバック(以下A7」)を“アウディA8 / A7スポーツバックプレスカンファレンス”にて同時発表した。A8は10月15日より、A7は9月6日より販売を開始する。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

マイルドハイブリッド技術を初採用

アウディのセダンのラインナップにおける頂点である「A8」。日本に導入されるモデルは大きく3つ。「55TFSIクワトロ」は3リッターV型6気筒直噴ターボエンジンを搭載し、340ps/500Nmを発生する。価格は1,140万円。

そして、「60TFSIクワトロ」とそのロングホイールベースバージョンの「L60TFSIクワトロ」は4リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載。460ps/660Nmを発生し、価格は1,510万円と1,640万円である。いずれのモデルもトランスミッションは8段ティプトロニック、最新の四輪駆動システムのクワトロが標準で装備される。

327-audi-a8-a7-20

Audi A8

327-audi-a8-a7-16

Audi A8

今回この2つのエンジンにはマイルド ハイブリッドシステムが組み合わされる。これはアウディ初となる技術で、48Vリチウムイオンバッテリーと、クランク軸にベルトを介して連結されるBAS(ベルト オルタネーター スターター)により、燃費を改善する。

回生ブレーキによる発電、あるいは22km/h以下でのアイドリングストップ機能が備わり、また55〜160km/hの範囲でスロットルペダルをオフにすると、エンジンを停止してのコースティング(惰性)走行を可能にする。また、BASは最大60Nmのトルクを発生。アイドルストップから再始動時のショックもなく、スムーズはスタートが可能になった。

なお、アウディジャパンマーケティング本部部長の石田英明氏によると、このマイルドハイブリッド技術は、今後展開されるアウディのV6エンジン以上に採用して行く予定だという。