野生のきのことフォアグラを堪能するフレンチ|Karuizawa Hotel Bleston Court

Karuizawa Hotel Bleston Court|野生のきのことフォアグラを堪能するフレンチ

LOUNGE EAT

Karuizawa Hotel Bleston Court|軽井沢ホテルブレストンコート

軽井沢ホテルブレストンコートで堪能する秋の味覚。
芳醇な香りと旨みを凝縮した「茸とフォアグラのヴェッシー包み」

星野リゾート「軽井沢ホテルブレストンコート」のメインダイニング「ブレストンコート ユカワタン」で、野生のきのことフォアグラを堪能するひと皿「茸とフォアグラのヴェッシー包み」が2018年9月15日(土)~11月30日(金)の期間に提供される。

Text by OZAKI Sayaka

伝統的なフレンチ料理の調理方法で、芳醇な香りと旨みを凝縮

星野リゾート「軽井沢ホテルブレストンコート」のメインダイニング「ブレストンコート ユカワタン」で、野生のきのことフォアグラを堪能する前菜「茸とフォアグラのヴェッシー包み」が提供される。

ヴェッシー包みはフランス料理の古典的な調理方法。風船状にしたヴェッシー(豚の膀胱)に食材を入れ、鍋に浮かべて60℃のお湯を一定時間かけ続け、蒸し焼きにするもの。ゆっくりと火が入ることで水分や香りが閉じ込められ、食材の凝縮された旨みを楽しめる。

「茸とフォアグラのヴェッシー包み」を切り開いて皿に取り分けると、きのことフォアグラの芳醇な香りが広がる。きのこは、シェフとサービスに携わるスタッフが、きのこを熟知する永山徹氏とともに山に入り採取したものだ。

今回は日本のポルチーニ茸と言われるヤマドリタケモドキの他、オオモミタケなど、希少な

2_lounge_openers
1_lounge_openers

野生のきのこが提供される予定。季節感や自然の美を大切にする「ニッポンフレンチ」の世界観が表現された、秋の風景を映し出すひと皿となるだろう。

野生のきのこを堪能する秋のフレンチ「茸とフォアグラのヴェッシー包み」

3_lounge_openers

期間|2018年9月15日(土)~11月30日(金)
場所|軽井沢ホテルブレストンコート ユカワタン
住所|長野県軽井沢町星野
料金|1万8000円(全9品、税・サービス料別)
※茸とフォアグラのヴェッシー包みは全9品のコース料理のひと皿
予約|電話またはHPより要予約
※食材は仕入れ状況により変わる
※宿泊以外でも利用可能

問い合わせ先

軽井沢ホテルブレストンコート ユカワタン

Tel.050-5282-2267

http://yukawatan.blestoncourt.com/