3リッター直6を搭載したM2コンペティション登場|BMW

3リッター直6を搭載したM2コンペティション登場|BMW

CAR NEWS

BMW M2 Competition|BMW M2 コンペティション

M4譲りずりの3リッター直6を搭載したM2コンペティション

BMWは8月23日、より高性能な3.0リッター直列6気筒エンジンと強化した剛性、制動力を持つコンパクト スポーツクーペ「M2コンペティション」を発表、同日から販売を開始した。

Text by HARA Akira

最高出力410ps、冷却系や足回りも強化

従来の「M2」に取って代わる「M2コンペティション」が搭載するのは、最高出力410ps/5,250rpm、最大トルク550Nm/2,350-5,200rpmを発生する3.0リッター直列6気筒ツインパワーターボ エンジンだ。

上位モデルの「M4」と同等の冷却システムを採用し、ラジエーターやオイルクーラーを追加することでポテンシャルを最大限に引き出すほか、11.2km/ℓ(7段M DCTモデル)という燃料消費率を実現した。

さらにボンネット内にはカーボンファイバー強化樹脂(CFRP)を使用したストラットブレイズを装備して剛性を強化。大径Mスポーツブレーキを採用することで制動力も強化されている。ダンパーやスタビライザーは専用設定した強化サスペンションとなり、ダイナミック スタビリティ コントロール(DSC)のセッティングやシャシーにもチューニングが加えられ、高性能スポーツクーペにふさわしい走行性能を実現するという。

327-bmw-m2-competition-08
327-bmw-m2-competition-15

デザイン面では、冷却性能を向上する大型エアインテークと左右が連結したようなデザインのハイグロスブラック仕上げダブルバーキドニーグリル、空力性能が向上したダブルリッジデザインのMミラーなどにより、フロント部分がよりアグレッシブに。

専用19インチMライトアロイホイール、大径ブレーキディスク、グレーメタリック仕上げのキャリパー、リアに配されたハイグロスブラック仕上げの「M2 Competition」バッジが特別なモデルであることを主張している。

またインテリアでは、エンジンスタート時にM2 Competitionのロゴを表示する専用インストルメントパネル、走行状況に応じて好みのセットアップを記憶する「M1」「M2」ボタンの付いたステアリングホイール、サーキット走行にも対応できるスポーツシートなどが一新されている。

価格は6段MTモデルが873万円、7段M DCTモデルが898万円となっている。

問い合わせ先

BMW カスタマー・インタラクション・センター

0120-269-437(平日9:00-19:00/土日祝 9:00-18:00)