Eクラスの一部改良モデルを発売|Mercedes-Benz

Eクラスの一部改良モデルを発売|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz E Class|メルセデス・ベンツEクラス

メルセデス・ベンツが「Eクラス」の一部改良モデルを発売

メルセデス・ベンツ日本は8月22日、中核モデルである「Eクラス(セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレ)に一部改良モデルを導入し、同日から販売を開始した。

Text by HARA Akira

出力を向上した「E450 4MATIC」も追加

今回、新たに導入される「Eクラス」全車に共通する変更点は新デザインのステアリングの採用で、手を離さずナビや車両の設定ができる「タッチコントロールボタン」や「自動再発進機能」を操作するスイッチを備え、操作性が向上した。

セダンとステーションワゴンについては従来オプション設定であった本革シートを全車標準化し、上質感を高めた。

クーペとカブリオレについては、新型「CLS」から採用される「イルミネーテッド エア アウトレット」を前席に採用。タービンエンジンをイメージしたシルバーシャドー仕上げの送風口で、内側には64色から選択可能なイルミネーションが仕込まれ、エアコンディショナーの温度を上げると赤く、下げると青く光るなど操作内容が直感的に把握できるとともに、未来的な雰囲気を創り出すという。

327-mercedes-benz-e-class-06
327-mercedes-benz-e-class-03

また、「E450 4MATIC」は、従来のE400 4MATICに採用していたM276型3.5リッターV6ツインターボエンジンを3.0リッターに変更し、最高出力を34PS(25kW)、最大トルクを20Nmアップした367PS(270kW)/500Nmを発生する性能向上モデルとして置き換えられたものだ。E450 4MATICエクスクルーシブでは、空力を考慮した18インチ 5スポーク アルミホイールを採用している。

価格はセダンが701万円(E200アバンギャルド)から1,805万円(AMG E63S 4MATIC+)、ステーションワゴンが738万円(E200ステーションワゴンアバンギャルド)から1,858万円(AMG E63S 4MATIC+ステーションワゴン)、クーペ/カブリオレが700万円(E200クーペ)から1,141万円(E450 4MATIC カブリオレスポーツ)となっている。

問い合わせ先

メルセデスコール

0120-190-610