バーニーズ ニューヨーク横浜店副店長がキャデラックXT5を吟味する|Cadillac

バーニーズ ニューヨーク横浜店副店長がキャデラックXT5を吟味する|Cadillac

CAR FEATURES

Cadillac XT5|キャデラック XT5

ラグジュアリーなテイストにユーモアが感じられる
それがニューヨークっぽい

仕事はバーニーズ ニューヨーク横浜店の副店長と都会的ながら、スキーとキャンプが好きなアウトドア派でもある平野総一郎さん。SUVを10年以上乗り続ける平野さんが、初めてキャデラックXT5クロスオーバーに遭遇した。彼が率直に感じたことを、語ってもらおう。

Photographs by NAGAO MasashiText by NANYO Kazuhiro

現代的なSUVの中にあってもエッジが立っている

ちょっと旧いレンジローバーに乗って8年、車検も4回通しているという平野さん。キャデラックとは、昔ながらのフルサイズのアメ車、アメリカの大統領の公用車というイメージだったという。

「だからXT5クロスオーバーを実際に目の前にしてみて、サイズ感もコンパクトで、いい意味で少し面食らいましたね。思っていたより近寄りやすいというか、多くの人に向けられている感じで。ホイールのマットなバフがけの質感や、外観全体でのクロームパーツの使い方は華やかで、そこはアメリカらしいな、と感じます。一方で内装の意匠は、上品な色調のウッドが使われていたりと落ち着きがあって、欧州車に近い印象ですね」

ウッドの素材感も、欧州車の方が光沢を強調しているイメージがあるのに対し、XT5の方がマットでナチュラルな点も惹かれるとか。

「昔のキャデラックのような四角四面な意匠でなく、今どきというか、現代的なSUVが増えた中でも、エッジが立っていますよね。思えばキャデラックって、いつの時代も視覚的には少しとがっていて。なのに、いざシートやスイッチ類に触れてみるとなめらかでソフトタッチ。英国車やドイツ車とは違うという主張が根本にある気がします。バックミラーも液晶画面で視界が広いし、スマートフォンを置くトレイもワイヤレス充電機能が備わっていて、そういうところはきわめて現代的。落ち着く感じの空間なのに、スポーティな雰囲気もある。アウトドアに出ると悪天候の時もありますから、そういう時に守られ感、安心感のある内装だと思いました」