香取慎吾と祐真朋樹、服とアートと店づくり|JANTJE_ONTEMBAAR

FASHION FEATURES

JANTJE_ONTEMBAAR | ヤンチェ_オンテンバール

帝国ホテルプラザに二人のショップ、8/25(土)にオープン
香取慎吾と祐真朋樹、服とアートと店づくり

タレント・アーティストの香取慎吾とスタイリスト祐真朋樹。出会って25年が経つ二人は、ファッションへの深い愛情とリスペクトでつながっている。2014年に発売された『服バカ至福本』(集英社)で、香取慎吾は「私服を着ているときが、僕の至福のときなんです」と帯に寄せ、ワードローブを公開した。スタジオに埋め尽くされたハイブランド中心の膨大なコレクションを祐真朋樹がスタイリングしてから4年、自称“服バカ”の二人は、ついに自分たち以外の人がハッピーになるための私服と、それを買える空間をディレクションすることになった。場所は青山や銀座の一角ではなく、帝国ホテルプラザ内。ともすると客を限定しそうに聞こえる意外性に満ちた場所だが、二人の理想は“多くの人に愛される、ここでしか表現できないもの”。「SANYO COAT(サンヨーコート)」や「MINEDENIM(マインデニム)」、「BORSALINO(ボルサリーノ)」など、国内外のブランドとの商品開発は、すべてに服とアートがつながっている。ここに至るまでと、これからについて、ここだけのクロストーク。

Photographs by MAEDA AkiraText by OZAWA Masayuki

そうだ、祐さん、前に話してた服、やってみない?(香取)

――早速ですが、ブランド名の「JANTJE_ONTEMBAAR(ヤンチェ オンテンバール)」、耳慣れない言葉ですが、由来を教えてください。

祐真 まず名前を決めましょうって話になったんだけど、僕のアイデアは特になく、香取さんが2、3案出してくれたんです。「JANTJE_ONTEMBAAR(ヤンチェ オンテンバール)」はその一つで。

香取 普段から、気になる言葉や文字をスマホにいろいろとメモしているんですよ。そのリストがぶわーっとあって。ヤンチェはやんちゃ坊主、オンテンバールはおてんば娘という意味の語源となったオランダ語なんですけど。

祐真 言葉の響きが素晴らしくてね。「これ!」ってすぐに思いました。

香取 自分で案を出しておきながら、スペルを見ても誰も読めないかな、とか不安になったんですけど、祐さんが「いや、もうこれでしょ」的な感じだったので。でも幾つになっても、やんちゃ坊主でおてんば娘のように、ファッションも楽しめたらなって想いを込めました!

――では、ブランドの構想もスピーディだったのですか?

香取 1年も経っていないんじゃないかな?

祐真 去年の10月とかだよね?

香取 祐さんとは、もう25年近くの付き合いで、洋服の話もたくさんしてきたけど、自分でやるショップやブランドには興味がないって。お互いが。

祐真 買いたいし、着たいからね。

香取 でも、『服バカ至福本』のときに僕の服を祐さんに全部見てもらったときに「すげえ、こんなに服が好きなんだ」って改めて思ったんだよね。それでより意気投合して「いつか何か一緒にやりたいね」って冗談交じりで話すようになった。

祐真 香取さんの自宅から私服を全部、スタジオに運んだんだけど、それはすごい量だったんです。しかも、きれいに整理された状態であるわけです。あぁ、これは言葉にすると恥ずかしく聞こえるけど、ファッション愛だなって感動しました。自分と同じくらいの服バカがここにいるんだなって。

香取 で、昨年、新しい道が僕の中に始まって、やりたいことをして楽しみたいって、思った時に祐さんと話した服のことを思い出して。仕事でご一緒したときに「そうだ、祐さん、前に話していた服、一緒にやってみたい?」って話したら。

祐真 どんどん話が進みましたね。

――香取さんは、先ほどお話に出た『服バカ至福本』でご自身の膨大な私服を公開され、また祐真さんと洋服について大いに語り合っていました。その時は服を買うことが楽しみだと仰ってましたが、相変わらず服は増えているのですか?

香取 わからないぐらい増えていると思いますよ。

祐真 同じく。しかもお互いに服を手放せない性分なんですよね。

香取 服を捨てるとか、ちょっと考えられないよね。そしてどんどん買い続けている。あ、でも昔はサイズが合わなくても、欲しいと思った服は買っていたんですけど、そこは自分に「待て」をかけられるようになりました。着ない服、履かない靴は、ね。

祐真 海外に行くと襲われるやつだね。もう帰国しなきゃいけないから、サイズが違うけどとりあえず買っておくか、みたいなやつ。