ポルシェが70周年を記念し、真夏の豊洲でグラマラスキャンピング

ポルシェが70周年を記念し、真夏の豊洲でグラマラスキャンピング|Porsche

CAR FEATURES

Porsche|ポルシェ

ポルシェが70周年を記念し
真夏の豊洲でグラマラスキャンピング

ポルシェといえばサーキットや高速道路のイメージかもしれないが、新型カイエンやパナメーラ・スポーツツーリズモなどは、じつは路面も遊びのフィールドも選ばないクルマでもある。スポーツカーの70周年を祝って、豊洲のワイルド・マジックがポルシェならではのグラマラス・キャンピングで沸いた。

Photographs by Porsche Japan, NANYO KazuhiroText by NANYO Kazuhiro取材協力 Porsche Japan

ポルシェが得意とするフィールドはサーキットに限らない

今年はポルシェが356を世に送り出してから70年目の節目。この記念イヤーをポルシェは「スポーツカーの70周年」と題して、さまざまなかたちで祝っているが、7月の豊洲では、一風変わったオーナー感謝イベントが開催された。ウォーターフロントでBBQが楽しめるスペースとして知られる豊洲の「ワイルドマジック」で、ポルシェがグラマラスキャンピングを催したのだ。

ポルシェとグラマラスキャンピングという組み合わせ自体が、少し意外かもしれない。だが、ポルシェが得意とするフィールドは何もサーキットやワインディングロードといったアスファルト路面に限らない。そもそもル・マン24時間で優勝を重ねて「耐久の王者」と呼ばれるようになる以前、ポルシェは雪のモンテカルロ・ラリーで圧倒的な強さを発揮し、名を馳せた。何せ1968年から1970年まで、3年連続で1-2フィニッシュを飾るという圧倒的な戦績だったのだ。

top-porsche-02

アスファルト以外にも元々、氷雪路やダートにも強く、耐久性と信頼性に抜きんでたスポーツカー、それがポルシェなのだ。現在、ポルシェのラインナップには新型カイエンやマカンといったSUVもあれば、パナメーラのスポーツツーリズムのようなエステートのGTもある。つまりポルシェの目指す「スポーツ」は今や、他車と競い合うことだけに限られないし、だからこそスポーツカー70周年の節目をグラマラス・キャンピングで祝った訳だ。

まだ真夏の太陽が高い中、テント下に涼を求めて集まった来場者を迎えたのは、1986年のジャッキー・イクス/クロード・ブラッスール組のゼッケン185番、959パリ・ダカール仕様だった。この伝説の一台と並んで、新型カイエンやパナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリズモ、そしてマカンら「現代のポルシェ スポーツカー」が並ぶ様は、まさしく圧巻だった。

327-porsche-03
327-porsche-04

またポルシェのグラマラスキャンピングにふさわしく、この日は特別ゲストによる特別なメニューが用意されていた。一人は、パリ5区の「パティスリー・サダハル・アオキ」のオーナーパティシエで、日本でも数々のプロデュースを手がける青木定治氏。もう一人は、福岡の「豆香洞コーヒー」で、オーナー焙煎士として腕をふるう後藤直紀氏だ。この二人が、ポルシェとグラマラスキャンピングをテーマに、オーナーに向けてこの日だけの特別な一品を用意していたのだ。

まず青木氏は、灼熱のグラマラスキャンピングということで、何とフラッペを、つまりオリジナルのかき氷を用意していた。

top-porsche-05

「僕の作るお菓子は色々に変身しますからね、ポルシェ同様の全天候型ですよ。 今回のフラッペはこのイベントだけのオリジナルです」と述べた。用意されたフラッペのフレーバーは、氷菓子の定番フレーズ(いちご)とシトロン(レモン)、そしてサダハル・アオキならではの抹茶 。いずれも自然な酸味のあるホイップクリームがのせられ、とくにシトロン風味はレモンタルトを思わせるコクと爽やかさが同時に味わえる一品だった。

しかし最注目はやはり抹茶フレーバー。彼の代名詞でもある「バンブー(抹茶のチョコレートケーキ)」の派生モデルといえるもので、甘さ控えめの抹茶シロップとクリーム、適度にクリスピーな氷のテクスチャーが心地よい。

327-porsche-06
327-porsche-07

16歳までモトクロスに熱中していた青木氏は、大のクルマ好きでもあり、ポルシェはつねに憧れの存在だったとか。

「21歳でフランスに渡って、一流のシェフたちから技術や仕事だけじゃなく、仕草とか身に着けているものとか、そういうものも全部吸収したかったんですよね。やっぱりそういうおいしいものを知っている人は食べ方も美しいし、持ち物も単なる飾りモノじゃないんです。だから自分もそうなりたいと思ったんです。ポルシェに乗っているシェフもいました。ラリーのスタートセレモニーがパリで行われてたりもした。あそこに飾られている959は、まさしくリアルタイムで観ていましたよ」

そんな彼のポルシェ観をさらに詳しく尋ねると、「うちの父は、あれは職人が作った最高の量産車だ、っていってましたが、その通りだと思いますね。お菓子作りもそうあるべきなんです。レシピがよくても毎日の実践と仕上げが伴わないといけない。最新の911は最良の911ってよくいわれますけど、僕の “バンブー”も毎年変わっていないようでじつは少しづつ改良しているんですよ」

では最近のポルシェについては?

「じつはマカンを今日、初めてじっくり触れてみたんですけど、すごくいいですね。コンパクトなSUVだけど、ちゃんとポルシェになっている。エンジニアリングの理想を追求するというか。例えば動作ひとつを学ぶにしても、その重心やコツはどこにあるか?って気にするのと漫然と習うのと、違うじゃないですか。ゼロから作ったものでもそこを突いているというか、ポルシェらしいと思わせるものがある。お菓子作りだけじゃなくて、物欲の対象としても、ポルシェは僕が目指すところです」