ファッションディレクター森岡弘氏が語るBMW「M5」の魅力|BMW

ファッションディレクター森岡弘氏が語るBMW「M5」の魅力|BMW

CAR FEATURES

BMW M5|ビーエムダブリュー M5

ファッションディレクター森岡弘氏が語るBMW「M5」の魅力

ファッション誌や広告でのスタイリングをはじめ、ビジネスエグゼクティブへのアドバイザリーなど幅広く活躍するファッションディレクター、森岡弘さん。歴代のBMW 5シリーズを乗り継ぐクルマ好きでもある。そんな彼にファッションのスペシャリストとして、BMW 「M5」 の魅力をひも解いてもらった。

Photographs by MAEDA Akira
Text by NANYO Kazuhiro

BMW M5に合わせたいファッションスタイル

シンガポール・グレーという限りなく黒に近いボディカラーを纏ったBMW「M5」。ミッション・インポッシブル・シリーズの最新作『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の劇中でトム・クルーズが駆る車両と同じスペックのモデルだ。さらに同作品をイメージして特別装備が与えられるとともに625psへとパワーアップされた限定車「EDITION MISSION:IMPOSSIBLE」も登場した。

BMW M5とのシューティングのため、ファッションディレクターの森岡弘さんが選んだ装いは、タリアトーレのジャカード織りの濃茶とブルーのジャケットにヒューゴ・ボスのネイビーとベージュのチェックシャツ、そしてインコテックスのミディアムグレーのウールパンツに足元はデュカールのややボリューム感あるローファーを合わせるというものだった。

bmw-m5_006
bmw-m5_005

「前もって、黒いM5に合わせたコーディネートをしてきて下さい、と担当者に言われてましたから(笑)。でも”黒に黒”は、よくある合わせ方。もっとモードっぽく刺激的な色で、強いコントラストを作るのも面白いですけど。思うにファッションには2つのアプロ―チがあって、モードは自分が楽しくなるもの、スタイルは自分のイメージを作っていくためのもの。僕ぐらいの歳になるとモードとスタイルの比重で、後者の方が大きくなってくるんです」

雑誌のファッションページや広告でのスタイリングだけでなく、講演やエグゼクティブ向けのアドバイザリーなど、ファッションディレクターとして活躍する分野が多岐に渡る森岡さん。近頃はジャケットをベースにした落ち着いたスタイルがメインだとか。

男の服にもモード的な一発勝負はあるものの、「気づき」に任せるような領域が増えてくるという。

森岡弘氏が語る「BMW M5 EDITION MISSION:IMPOSSIBLE」の魅力 4

「皆に気づいてもらおうとするとトゥーマッチな装いになりがちですけど、服ゴコロのある人は、『織りが変わっているな』『いい素材だな』とか、人の服もよく見ているものです。着こなしの面白味をそこに見出すというか、気づける人だけ気づいてくれればいいというか。だからこそ5シリーズのターゲットは”ビジネス・アスリート”だと聞いて、さすがBMW、すごくタイムリーだと思いましたね」