改良型メルセデス・ベンツ Cクラス、日本上陸|Mercedes-Benz

改良型メルセデス・ベンツ Cクラス、日本上陸|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz C Class|メルセデス・ベンツ C クラス

改良型Cクラス、日本上陸

メルセデス・ベンツ日本は「Cクラス」の改良モデルを発表。9月より順次納車を開始する。今回はセダンとステーションワゴンをはじめ、クーペ、カブリオレも同時に刷新。Cクラスセダンに関しては、全体の約半分以上にあたる6,500点もの部品が変更されており、Cクラス史上最も大規模なフェイスリフトといわれている。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

よりスポーティさを強調するデザイン

マイナーチェンジながら、大きな変更が施されたメルセデス・ベンツ Cクラスが日本に上陸した。

エクステリアは、これまで以上にダイナミックかつスポーティに見せるため、フロント及びリアバンパーを変更。ヘッドライトも2種類用意され、その一つであるLEDハイパフォーマンス ヘッドライトはライト内部にマルチチャンバーリフレクターを上下4列ずつ並ばせることで、近未来感を演出した。

さらに上級モデルに採用されたマルチビームLEDヘッドライトは、片側84個のLEDを瞬時に個別に制御することにより、前走車や対向車のドライバーを幻惑させることなく、広範囲を照射するものだ。そこに加え、最長650メートル先まで照射するウルトラハイビームも新たに搭載された。

セダンに関してはテールライトがC文字をモチーフにしたデザインに変更されたのも新たな特徴の一つである。

327-mercedes-benz-c-class-08
327-mercedes-benz-c-class-04

AMGライン エクステリアではダイヤモンドグリルを新たに採用。また「CLS」などで採用されているフロントバンパー左右にあるエアカーテンも装備されている。

インテリアもこれまで通りのスポーティなコンセプトを継承しながら、ダッシュボード中央には高精細10.25インチのワイドディスプレイを装備。またインストルメントクラスターの機能を持つ、同じく高精細12.3インチディスプレイはスピードメーターやタコメーター、ナビ、安全運転支援システムなどの情報を表示できるほか、クラシック、スポーツ、プログレッシブの3種類のデザインを選ぶことが可能だ。

ステアリングホイールも最新世代のメルセデス・ベンツのものが採用され、上質かつスポーティさを強調している。