BMW 7シリーズに試乗|BMW

BMW 7シリーズに試乗|BMW

CAR

BMW 7 Series|ビー・エム・ダブリュー 7シリーズ
BMW 523d BluePerformance|ビー・エム・ダブリュー 523d ブルーパフォーマンス

BMWフラッグシップ

あたらしくなった7シリーズに試乗

BMWが誇る最上級サルーンである「7シリーズ」。マイナーチェンジで搭載エンジンの変更がおこなわれた。特にかわったのは、先代とくらべてスペック数値だけで見ればパワー削減となった「アクティブハイブリッド7」。それを含め新型7シリーズはどのようなキャラクターに生まれかわったのか。大谷達也氏の見解はこうだ。

Text by OTANI Tatsuya
Photographs by ABE Masaya

高級車ってなんだろう?

高級車に求められる要件って、なんだろう?

いまどき「高級車」なんて言葉は流行らないから、「ラグジュアリーサルーン」と言いかえても構わないが、それだとちょっとニュアンスがちがってくる。

やっぱり、ここは高級車でとおすことにしよう。

高級車の要件は、大きくわけてふたつあるようにおもう。ひとつは、クルマ自体が高級車の名にふさわしいこと。つまり、内外装のデザインや仕立てが上質で、室内スペースが広々としていて、静かで、乗り心地がよく、動力性能に余裕があること。最近は、これに環境性能なんて基準もくわわってくる。

BMW 740i|ビー・エム・ダブリュー 740i
BMW ActiveHybrid 7L|ビー・エム・ダブリュー アクティブハイブリッド7L

もうひとつの要件は、クルマそのものというより、クルマがもつ社会的なメッセージやポジションに関係しているような気がする。つまり、クルマは好むと好まざるとにかかわらずひと目に触れ、オーナーなりドライバーなりの嗜好や社会的立場をつたえる役割を果たす。

そのメッセージが正しいかどうかはさておき、「なんだ、あの人はあんなクルマに乗っているんだ」というネガティブなイメージを与えることもあれば、「さすが、あの人がえらんだクルマだけのことはある」というポジティブな共感を呼び起こすケースもある。もっと現実的な話をすれば、たとえば高級ホテルに乗りつけたとき、本当にいいクルマとそうでもないクルマではホテルマンの扱いがちがってくることがある。

言いかえれば、誰もが認める高級車に乗ることで、あなたのラグジュアリーライフがより充実したものになることだってありうるのだ。