あなたのクルマ 見せてください 第5回 安東弘樹 × ポルシェ 911 カレラ 4S

あなたのクルマ 見せてください 第5回 安東弘樹 × ポルシェ 911 カレラ 4S

ひととクルマが紡ぐストーリー

第5回 安東弘樹 × ポルシェ 911 カレラ4S

クルマは操る楽しみを与えてくれるもの

クルマのこととなると、時が経つのも忘れてしまう。19歳で免許を取得してからこれまで、30台以上ものクルマに乗りついでいるという、TBSアナウンサーの安東弘樹氏。現在の愛車は、ポルシェ「911 カレラ4S」を含めて3台。これまでのクルマ遍歴の中で必ず1台はマニュアルトランスミッション(MT)を所有してきた安東氏にとって、クルマとは歴史や背景といった文学的魅力ではなく、操る楽しみを与えてくれるもののようだ。

Text & Photographs by KONDOH Hiroyuki
取材協力=Porsche Cafe Aoyama(Tel. 03-5414-6170)

僕の指定席は、バスの運転手の真後ろ

覚えているかぎり、3歳の時にはもうクルマが好きで。ミニカーしか欲しがらない子供でした。物心ついたときは、バスの運転手さんの真後ろが僕の指定席でした。当時はダブルクラッチだったり、「なるほど、こうやって運転するんだ」って。夢中で運転手さんの姿を見ていました。

そのままクルマが好きな幼少期を過ごし、19歳ですぐに免許を取りに行きました。最初に買ったのは「シティターボ 2」。通称“ブルドッグ”と呼ばれているクルマですね。あのブリスターフェンダーがお気に入りで、MTでパワステも付いてないし、ウィンドウも手巻。確か中古で60万円ぐらいでした。それをローンで買って。それから、ちょっとづつステップアップしていきました。

911の決め手は右ハンドル+MTの組み合わせ

ある時期は、スキーにハマっていたのでSUVばかり乗っていました。911に乗る前はポルシェ「ボクスター」、「アルピナ」、BMW「Mロードスター」など、ずっと“MTのオープン”にこだわっていたんですが、Mロードスターに乗っている時に突然太陽アレルギーになっちゃって(笑)。

本当は、例えばアルピナの様に、「これ何ていうクルマ?」って聞かれて、ニヤっとする感じが好きなんですが、911を選んだ理由は、とにかくスポーティなクルマで、MTの設定があったから(笑)。ポルシェのMTはボクスターに乗っていた頃から既にシフトフィールが良いのは知っていたのですが、この911も本当に意味もなくシフトチェンジをしたくなるほどに楽しい。それに“右ハンドル”が選べるところも大きかったですね。

あとは、四駆というのも条件に入ってました。以前、アウディの「S4」に乗っていた時期もあったのですが、四駆だと雨等の悪天候時のスタビリティが段違いですから。そんな条件で絞っていったら、911のカレラ4S(2009年式)に行きつきました。