レンジローバーとレンジローバー・スポーツにPHEVモデルを追加|Land Rover

レンジローバーとレンジローバー・スポーツにPHEVモデルを追加|Land Rover

CAR NEWS

Land Rover Range Rover|ランドローバー レンジローバー
Land Rover Range Rover Sport|ランドローバー レンジローバー スポーツ

レンジローバーとレンジローバー・スポーツにPHEVモデルを追加

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは6月27日(水)、SUV「レンジローバー」と「レンジローバー スポーツ」にプラグインハイブリッド(PHEV)モデルを追加し、予約受注を開始した。

Text by YANAKA Tomomi

ランドローバー初のPHEVモデル

今回ランドローバーが初めて導入するPHEVシステムは、最高出力212kW(300ps)のガソリンエンジンと、最高出力85kW(116ps)のモーターを併用するパラレルハイブリッドだ。システム全体で最高出力297kW(404ps)、最大トルク640Nmを発生させ、8段ATを組み合わせる。

最高速度は「レンジローバー」「レンジローバー スポーツ」ともに220km/hに達し、0-100km/h加速は「レンジローバー」が6.8秒、「レンジローバー スポーツ」は6.7秒を記録。また環境面でもNEDC(新欧州ドライビングサイクル)値で両モデルとも2.8ℓ/100km(およそ35.7km/ℓ)、CO2排出量は64g/kmと高い効率性を実現した。

走行モードは、状況に応じてハイブリッドモードとEVモードから選択が可能。ハイブリッドモードでは、バッテリーの充電レベルが設定値以下にならないよう走行する「セーブ機能」のほか、ナビに目的地を入力しルートを設定すると目的地までの高低差データを活用しモーターとガソリンエンジンを最適に切り替えエネルギー効率を高める機能も搭載する。フル充電した場合、EVモードでは、最長51km走行できるという。

充電口はデザインを損なわないようフロントグリルに配置し、200Vの普通充電にも対応。家庭や商業施設などでの充電も可能だ。また標準装備のスマートフォン向けアプリ「リモート」を活用することで、車両の充電状況を確認したり充電するタイミングを調節できる。

PHEVモデルの価格は「レンジローバー」で、1,580万円(ヴォーグ)から2,866万円(SVオートバイオグラフィー)まで。一方の「レンジローバー スポーツ」は1,185万円(HSE)から1,315万円(オートバイオグラフィ ダイナミック)を用意する。

問い合わせ先

ランドローバーコール

0120-18-5668(9:00-18:00、土日祝日を除く)