「ピンク・マティーニ」がブルーノート東京に初登場|MUSIC

MUSIC|「ピンク・マティーニ」がブルーノート東京に初登場

Photos by Chris Hornbecker

MUSIC TOKYO Tips

BLUE NOTE TOKYO|ブルーノート東京

ハリウッド映画黄金期のジャズ・バンドを思わせる音楽集団

コスモポリタンなスタイルを確立する「ピンク・マティーニ」が、ブルーノート東京で初公演することが決定した。公演日程は2018年10月27日(土)~29日(月)の3日間。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

文化・ジャンルを超えた多彩な楽曲を演奏

1994年にピアニストでリーダーのトーマス・M・ローダーデールが、オレゴン州ポートランドで結成した「ピンク・マティーニ」。その年にカンヌ映画祭でヨーロッパにおいてデビューしている。

最初はクインテットでスタートしたピンク・マティーニが、現在のスタイルになったのは1997年のこと。トーマスとハーバード大学で同窓生だった女性ヴォーカリスト、チャイナ・フォーブスを迎え、12人編成のビッグバンドになった。現在では13人のメンバーで活動している。

トーマスの奏でる美しいピアノ、チャイナ・フォーブスの美しい歌声は、まるでハリウッド映画黄金時代の音楽映画の世界に入り込んだかのような、ゴージャスな演奏が魅力。

クラシックやジャズ、映画音楽、日本の歌謡曲のみならず、世界各国のスタンダードなナンバーを演奏している。オリジナル楽曲も含め、文化やジャンルを超えた、コスモポリタンなスタイルを確立している。

2011年には、由紀さおりとのコラボレーションアルバム『1969』で、日本の歌謡曲の魅力を世界に発信。日本でも多くのファンを獲得した。

この度、ブルーノート東京にピンク・マティーニが初登場する。来日は5年振りとなる。日程は2018年10月27日(土)~29日(月)の3日間。ある世代には懐かしさと温かさ、若い世代には新鮮は感覚をもたらしてくれるピンク・マティーニ。音楽を聴く喜びを改めて体感できるピンク・マティーニの世界を、ぜひ味わってみてほしい。

ピンク・マティーニ公演
ミュージック・チャージ|8500円
日程|2018年10月27日(土)~29日(月)
時間|【27日】(1st)Open 17:30 Start 18:30~ (2nd)Open 20:20 Start 21:00
【28日】(1st)Open 16:00 Start 17:00~ (2nd)Open 19:00 Start 20:00
【29日】(1st)Open 17:30 Start 18:30~ (2nd)Open 20:20 Start 21:00
会場|ブルーノート東京
東京都港区南青山6-3-16

ピンク・マティーニ
トーマス・M・ローダーデール(ピアノ)
チャイナ・フォーブス(リードヴォーカル)
ギャビン・ボンディ(トランペット)
アントニス・アンドレウ(トロンボーン)
フィル・ベイカー(ベース)
ダン・ファーンレ(ギター)
ニコラス・クローサ(ヴァイオリン)
ティモシー・ニシモト(ヴォーカル、パーカッション)
ブライアン・デイビス(パーカッション)
ミゲル・バーネル(パーカッション)
ラインハルト・メルツ(ドラムス、パーカッション)

問い合わせ先

ブルーノート東京

Tel.03-5485-0088(月~金 11:00~21:00/土・日 11:00~20:00)

http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/pink-martini/