世界が注目するデジタルアート集団、チームラボによるミュージアムがOPEN|ART

LOUNGE ART

ART|世界に類を見ないデジタルアートミュージアム

1万平方メートルの広大な空間で楽しむ。

境界のないデジタルアート「エプソン チームラボ
ボーダレス」が東京・お台場にオープン

デジタル分野のスペシャリスト集団、チームラボと、森ビルが共同で運営する「森ビル デジタルアート ミュージアム: エプソン チームラボ ボーダレス」が東京・お台場にオープンした。

Text by OZAKI Sayaka

デジタルアート集団チームラボの世界初公開作品を含む約60作品を体験

チームラボと、森ビルが共同で運営する「森ビル デジタルアート ミュージアム: エプソン チームラボ ボーダレス」が東京・お台場にオープンした。

“Borderless”のコンセプトのもと、展示作品は他の作品との境界がなく、部屋から出て通路を移動しはじめ、他の作品とコミュニケーションし、時には他の作品と融合さえする。

作品と鑑賞者との境界もなく、人々は作品世界に没入し、やがて自分と他者との境界すら連続的なものになっていく。鑑賞者は自らの身体を使って探索しながら、他者と共に新しい体験を創り出す、これまでにないミュージアム体験が楽しめる。

1万平方メートルという巨大空間に5つの作品世界が構成され、世界初公開を含む約60作品を展示。「Borderless World」では、人々の存在によって変化する作品世界に身体を置くことで、自分と他者の関係、また自分と世界との新たな関係を模索する。

「チームラボアスレチックス 運動の森」では、“身体で世界を捉え、世界を立体的に考える”をコンセプトとした空間認識能力を鍛える新しい「創造的運動空間」。複雑で立体的な空間で、身体ごとインタラクティブな世界へ没入できる。

“共同的な創造性、共創(きょうそう)”をコンセプトにした「学ぶ!未来の遊園地」では、『お絵かき水族館』や、『すべって育てる!フルーツ畑』などの教育的なプロジェクトも。他者と共に世界を自由に創造することを楽しみながら、子どもが学べる“遊園地”だ。

「ランプの森」では、人がランプの近くでしばらくじっと立ち止まることによって、最も近いランプが強く輝くとともに音色を響かせ、そのランプの光が最も近いふたつのランプに伝播していく。人の存在に呼応したランプの光は、ふたつに分かれ、それぞれすべてのランプを1度だけ通る一本の光のラインとなり、最後に起点となった最初のランプで出合うのだ。

最後のエリアは「EN TEA HOUSE」。『小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々』と題された作品では、一服の茶を点てると茶器に美しい花が投影され、茶を味わう間に花が無限に展開されていく。鑑賞者と作品の境界、自分と他者の境界も越えるまさに“Borderless”なデジタルアート空間だ。

2_ART_OPENERS

1_ART_OPENERS
3_ART_OPENERS

森ビル デジタルアート ミュージアム: エプソン チームラボ ボーダレス

住所|東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)
営業時間|月~木は11:00~19:00 (21:00)、金・祝前日は 11:00~21:00(22:00)、土は10:00~21:00(22:00)、日・祝日は10:00~19:00 (20:00)
※最終入館は閉館の1時間前
※( )内は2018年8月31日(金)までの特別延長時間
※営業時間はシーズンによって異なる。詳しくはウェブサイトにてご確認ください
休館|第2・第4火曜

問い合わせ先

チームラボ

https://borderless.teamlab.art/jp/