良いデザインとは、タイムレスであり、説得力があるものなのです|Bell & Ross

Bell & Ross|良いデザインとは、タイムレスであり、説得力があるものなのです

BASELWORLD2018

Bell & Ross|ベル&ロス

新作「レーシングバード」に込めたメッセージ。

Bell & Ross クリエイティブ・ディレクター
ブルーノ・ベラミッシュ氏インタビュー(1)

2018年のベル&ロスの新作群のなかで、ひと際、輝いて見えた「レーシングバード」。ホワイトダイアルが爽やかで、青とオレンジの差し色が抜群に効いていた。この底抜けに陽気で、自信に満ちた雰囲気を感じて、私は20世紀半ばのアメリカのアヴィエーションシーンを想起したのだが、さて、ブルーノ・ベラミッシュ氏はこの時計を、どういう思いでデザインしたのか。バーゼルワールド2018の会場にて彼に、率直に話を聞いた。

Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)

“プロのための計器”のために

――今年、レーシングバードという新たなコンセプトが示されました。このコンセプトが生まれた背景を教えてください。

01

ブルーノ・ベラミッシュ氏。

Bruno ベル&ロスでは、2014年のB-ROCKETを皮切りに、創造領域におけるさまざまなビークルを生み出し、その計器を作り出してきました。

このチャレンジは、2016年のスーパーカー、2017年のレーシングカーと続き、今年、いよいよ飛行機「BR-BIRD」(BR-バード)を手掛けるに至りました。

機体の特徴は、印象的なシェイプにあります。翼が幅広く、Y字の尾翼を採用しました。また

ボディのホワイト塗装は、NASAが採用したエクスペリメンタル飛行機(※編集部注・教育目的もしくは個人の趣味として作られた機体)からインスピレーションを得たものです。

リフレクションカラー(反射する色)としてホワイト塗装が実際に導入された経緯があったのです。

――幅広の翼は低空飛行に耐えるためでしょうか?

Bruno ええ、具体的にはリノ・エアレースに参戦することを想定してデザインしているのですが、コンセプトモデルとして若干誇張してはいます。実機を製造するとしたら、これよりも10パーセント程度、幅を抑えたものになるでしょう。

――陸、海、空の3ジャンルからインスピレーションを得る手法は、多くのブランドが行なっていますが、ベル&ロスの独自性はどこにあるのでしょうか? また、それを示す具体的な箇所はどれですか?

Bruno はじめにお伝えしたいのが、こうした飛行機をデザインすること自体、ブランドのノウハウを詰め込んでいるのです。単純に新しい飛行機をデザインしました、というのではなく、他ブランドが想定している既存の飛行機とは異なる機体をクリエイトし、そこから時計のデザインへと落とし込んでいます。

世界観も違えば、その手法も異なります。

――ベル&ロスの原点、すなわち“プロのための計器”を追求する際に、その計器の母体である乗り物までデザインする必要があるということでしょうか?

Bruno そうです。デザイナーとして、ブランドの世界観を構築するためには、ときには映画の監督になることも必要です。私たちが創造しているのは、時計を通じたストーリーです。

あるいは、ディテールを紡いでいくなかで、新たなインスピレーションの素に辿り着くこともあり得ます。今回でしたら、パイロットのユニフォームです。

――そのユニフォームは、各部の素材まで指定してありましたね。

Bruno そう、素材まで。リアリティのひとつひとつがとても大事なのですから、もちろんやります。

B-ROCKET
2014年、ベル&ロスは、バイクや自動車の圧倒的な速度記録を破るべくB-Rocket(B-ロケット)を発表。

whiterid

AÉRO-GT
戦闘機ラファールを想起させるシルエットを持つスーパーカーAÉRO-GT。ベル&ロスにより2016年に発表。

Aero-GT3-profile-blanc

BELLYTANKER
1940年代の戦闘機に使われていた燃料タンクを思わせるベリータンカー。ベル&ロスにより2017年に発表。

Bellytanker-side-ferme-DP

BR-BIRD
2018年、ベル&ロスはBR-BIRDにより航空と時計製造の新たな冒険を目指して翼を広げる。

TF-SIDE_BR-Bird_01-jl

Page02. つまるところ、機能主義です