「NEWPORT」はミッシェル・エルブランのエンブレムです|MICHEL HERBELIN

MICHEL HERBELIN|「NEWPORT」はミッシェル・エルブランのエンブレムです

BASELWORLD2018

MICHEL HERBELIN|ミッシェル・エルブラン

ミッシェル・エルブランのDNAを受け継いだデザイナー
マチュー・エルブラン氏に聞く(1)

ミッシェル・エルブランの人気コレクション「NEWPORT」が誕生から30周年を迎え、デザインを刷新。この陣頭指揮を執ったのが創設者の孫であるマチュー・エルブラン氏だ。そのマチュー氏に、ミッシェル・エルブランというブランドの精神性について、そして新たな「NEWPORT」について聞いた。

Text by KOIZUMI Yoko

“IMPEC”(インペック)。完璧なもの

――今年、ミシェル・エルブランは、創業から71年目を迎えました。家族経営が難しい時計業界にあって、これまで独立運営を続けることができた理由は何ですか?

Matthew 我々は(創業者である)祖父の代から、誠実さを大切にしてきました。製品に対しても、顧客に対してもです。

現在、ブランドの名前は祖父の名前(ミッシェル・エルブラン)になっていますが、スタート当時は“完璧な”という意味を持つフランス語、”IMPEC” (インペック)でした。祖父の姿勢が見える名前でしょう?

祖父は品質を追求することでブランドの礎をつくり、父がブランドを育てることに注力しました。祖父と父の二人三脚があって、今、我々が独立系ブランドとして続いています。私は彼らを、家族を、とても誇りに思っています。

――創業地であるフランスのシャルクモンに、現在も本社を構えています。

Matthew 創業地にあり続けていることも、我々にとっての誇りです。祖父の代から働いてくれている社員もいるんです。彼らもまた家族だと思っています。

――シャルクモンはスイスと国境を接し、ラ・ショード・フォンやベルン、ル・ロックルにも近いですよね。

NEW_CRO_LIM_268-G65CB

NEWPORT クロノ オートマティック

ムーブメント|自動巻き
ケース、ベゼル|SS(グレーアンスラサイトPVD加工)
ケース径|43.5mm
ケースバック|サファイアクリスタル
防水|10気圧
価格|36万8000円(税別)
限定|世界限定300本
発売|2018年7月発売予定

NEW_LIM1668-G14CB

NEWPORT オートマティック

ムーブメント|自動巻き
ケース、ベゼル|SS(グレーアンスラサイトPVD加工)
ケース径|41mm
ケースバック|サファイアクリスタル
防水|10気圧
価格|19万8000円(税別)
限定|世界限定500本
発売|2018年7月発売予定

Matthew ジュラ山脈を越えるとスイスです。ですから先達はスイス製の高品質な時計づくりを肌で知っていたのかもしれません。しかし一方で私たちはフランス人であること、フランスブランドであることに誇りを持っています。

私たちのブランドの使命は、そのフレンチ・テイストを守り抜くことです。

――具体的に教えていただけますか?

Matthew フランス人の私からスイス製の時計を見ると「ちょっと保守的すぎる」「堅苦しいのでは?」と感じるんです。「こういう時計はつくらないかな?」と思うものなんですよ。

その大きな違いはインデックスやインダイアルのサイズ感とバランスです。スイスの美学はとても伝統的。質実剛健と言えばいいのかな。

一方で、フランスでは自由であることが重要視されますが、それはデザインも同じこと。型にはまらないスタンスが美徳とされているのです。伝統のなかでも、どこか自由を感じさせるようなね。私たちが大きなグループに属さず、家族経営を守っているのも、この自由さを求めてのことです。

Page02. テーマは“大人のための「NEWPORT」”