僕は個人が「これだ!」と信じて作り上げるものがデザインのような気がします|MEDICOM TOY

MEDICOM TOY|僕は個人が「これだ!」と信じて作り上げるものがデザインのような気がします

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

SHAREEF デザイナー 下村仁さんに聞く(1)

服を着る喜び、コーディネートする楽しさが感じられるアイテムを生み出している気鋭のドメスティックブランド、SHAREEF(シャリーフ)が立ち上げから10周年を迎えた。デザイナー下村 仁氏の哲学は「自分が着たい服を作ること」。その独創的なクリエーションは熱狂的なファンが数多く、メディコム・トイの赤司竜彦社長もその一人である。メディコム・トイとの初コラボレーションとなる「BE@RBRICK SHAREEF 100% & 400%」の発売を目前に控えた下村氏に話を聞いた。

Photographs by OHTAKI KakuText by SHINNO Kunihiko

ファッションは若い人のためにあるもの

――ブランド設立10周年おめでとうございます。もともと下村さんはパタンナー(デザイナーが描いたデザインを型紙に起こす仕事)をなさって、それからデザイナーになったそうですね。

下村 最初、自分はデザイナーに向いてないなと思っていたんです。昔からプラモデルとか作るのがすごく好きだったので。

――どんなプラモデルを作っていたんですか?

下村 僕らの世代はガンプラです。小さい頃、大人気で全然売ってなくて。僕、大阪出身なんですけど、そんな大きなおもちゃ屋が当時なかったので、学校の帰りに行っても人気のないやつしか残ってなくて (笑)。

――組み立てる作業が好きなんですね。

下村 なのでデザイナーのイメージをもとに平面から立体に組み立てていく方が向いているかなと思ったんです。でも、今となってはデザイナーの方が向いていたかもしれないです。

――こういうブランドにしたいという方向性はあったんですか?

下村 明確なキーワードはないんですけど、僕はファッションは若い人のためにあるものだと思っているんです。10代後半から20代前半の人たちが着続けてほしいという部分は10年間変わらずにやっているという感じですね。

――パタンナーの経験上、形にとてもこだわったり?

下村 形というよりファッション性の部分ですね。形はもちろん重要ですけど、服ってそれだけではなく、色や素材がベストミックスじゃないと完成度が上がらないんです。ただ形だけを追い求めると結局メンズのテーラードジャケットみたいなことになって、トレンドからは外れてしまう。そうじゃない部分により惹かれ出した感じです。

――初期の服がSTUDIOUS(ステュディオス)にて復刻販売されていますが、当時のコレクションを振り返っていかがですか?

下村 やっぱり10年前よりテクニック的にできることはすごく増えました。協力してくれる外部のパートナーもどんどん増えたし、その一環として今回のメディコム・トイさんとのコラボレーションのように、やりたいと思ったときに現実として形にできることも多いです。

Page02. BE@RBRICKというキャンバスをどう見せるか