「LEXUS DESIGN AWARD 2018」授賞式|Lexus

「LEXUS DESIGN AWARD 2018」授賞式|Lexus

CAR FEATURES

Lexus|レクサス

原点は、よりよい社会づくりに貢献したいという思い

第6回を数える「LEXUS DESIGN AWARD」。2018年度も世界68カ国から「過去最高」の1319点の応募があった。審査員をつとめたLexus Internationalの澤良宏プレジデントに、授賞式会場で話を聞いた。

Text by OGAWA Fumio

豊かな環境を作っていくことがデザインの本質

ミラノデザインウィーク2018で、「LEXUS DESIGN AWARD」授賞式が開催された。

2018年4月17日に、グランプリとして発表されたのは、グループユニットExtrapolation Factoryの「Testing Hypotheticals」だ。

それを機会に、会場になったレオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館内「カヴァッレリッツェ」で審査員も務めたLexus Internationalの澤良宏プレジデントに話を聞いた。

s_002_lexus_designAward2018
s_003_lexus_designAward2018

「LEXUS DESIGN AWARDの活動の原点は、ラグジュリーライフスタイルブランドを目指すレクサスがよりよい社会づくりに貢献したいと考えていることです」

第6回を数える同アワードは、多くの優れたアイデアを世に紹介してきた。2018年度は世界68カ国から「過去最高」の1319点の応募があったという。

「デザインは広義にはソリューションなので、豊かな環境を作っていくことがその本質にあるはずです」

今回のキーワードに「CO-(共)」を選んだのも、デザインと社会のつながりを強く意識してのことと言う。

「若いクリエイターとともに育ちながら、よりよい社会、我われは“LEXUS WORLD”と呼んだりしますが、それを形づくっていきたいと思っています」

そこでレクサスでは、このアワードを単に一過性のものにしない努力を重ねている。いい例が、最終候補になる4組には「メンター」がつくことだ。

指導者とも訳せるメンターの仕事は、応募作品のコンセプトをより明確化したり、工業製品の場合は量産化のためのアドバイスを与えることなのだ。

s_s_4_LDA_PROTOTYPE_Testing Hypotheticals