ミラノデザインウィーク 2018 レクサス展示リポート|Lexus

ミラノデザインウィーク 2018 レクサス展示リポート|Lexus

CAR FEATURES

Lexus|レクサス

レクサスのモノづくりにつながる、
説得力のあるインスタレーション

レクサスが参加するようになって11回目となるミラノデザインウィーク 2018年。今回のテーマは「LIMITLESS CO-EXISTENCE」。スペースデザイナーの市川創太氏が手がけたメインインスタレーションを中心に小川フミオ氏がリポートする。

Text by OGAWA Fumio

完全なる共存の状態

ミラノデザインウィーク 2018が4月に開催された。家具をはじめとするデザインの祭典だ。

なかでもフオリ・サローネとよばれる市内でのインスタレーション(空間を使った展示)は大がかりでコンセプチュアルなものが多く、常に話題を呼ぶ。

2018年のレクサスのインスタレーションの主題は「LIMITLESS CO-EXISTENCE」。ブランドによる“訳”では「完全なる共存の状態」となる。

s_002_lexus_designweek2018_E
s_003_lexus_designweek2018_E

じつはスペースデザイナーの市川創太氏が手がけたメインインスタレーションを見ると、言いたいことがよく分かる。

真っ暗で真っ暗に近い空間に、およそ1万2000本の糸が垂らされている。光源は一つ。レーザー光線が点くと、その糸がすべて輝きを放つ。

今回のメインテーマである「CO-」(レクサスでは「共」と訳す)を表現したもので、CO-とはコラボレーションやコーディネーションといった単語で見られる接頭辞。

「それぞれが自分の世界の中心であり続けながら「共存(CO-exist)」できるという理想の世界をデザインの力により具現化しています」

s_4_BELIEVE IN LIMITLESS_LONG SHOT_04
s_5_PREPARE YOUR SENSES_LOLLIPOPS_01

レクサスが用意したプレスリリースにはそう書いてある。そういえば同じ会場にはやはり市川氏による315本もの脚を持つストゥールが置かれている。こちらも一つの光源で、すべての脚に光があたるよう設計されている凝りかた。

こういうのが見られるからおもしろいよね!とイタリア人?の一般客の会話が僕には印象的だった。