北京モーターショー 2018リポート プロダクションカー編|Auto China 2018

北京モーターショー 2018リポート プロダクションカー編

CAR FEATURES

Beijing International Automotive Exhibition 2018|北京モーターショー 2018

プロダクションカー編

境界が見えない

今年の4月25日から10日間にわたり開催された北京モーターショー。会場となった北京を含め目まぐるしい変化を続ける中国の大都市だが、それはこのショーにも色濃く現れていた。驚異的なスピードでグローバル化が進み、コンセプトカーの出展数も近年では屈指。そんな中展示されたプロダクションカーもまた、市販されるとは思えないほど洗練されたものが並ぶ。それはまるで、ショーの勢いを反映するようだった。

Photographs by Akio Lorenzo OYA & BMWText by Akio Lorenzo OYA

都市もショーも変わり続ける

今回は、2018年4月25日から5月4日まで開催された北京モーターショーのプロダクションカーと量産を前提にしたコンセプトカーをお届けする。

冒頭から個人的述懐で恐縮だが、初めて中国を訪れたのは上海万博を取材した2010年だった。以来毎年中国を訪れている。その間に、大都市の風景は絶え間なく変化してきた。

それはモーターショーのため訪れた2018年4月の北京の街も同じだった。かつてのような建設ラッシュはひと段落したものの、地下鉄駅でホームに立てば、多くの乗客が整列乗車を守るようになっている。

s_009_auto_china_2018_product
s_017_auto_china_2018_product

路上では、けたたましいホーンを鳴らす車がかなり少なくなった。日本よりも先に、おびただしい数のシェアリング自転車が縱橫に走りまわっている。街を歩く男女の装いは、青年男子の髪型を除けば、東京を超えるくらいファッショナブルになった。

第15回を迎えた北京モーターショーの会場も、気がつけばずいぶんと変化していた。かつての人海戦術のようなダンスショーも、中国人ジャーナリスト限定の巨大な福袋状土産袋もかなりマイナーとなった。

いっぽうでプレゼンテーションでは、外国人重役に比肩するくらい流暢な英語を駆使する中国メーカーのエグゼクティブが増えた。中国語はビデオスクリーンのテロップのみというブランドさえある。彼らのグローバル化は恐ろしい速度で進んでいる。