レブロン・ジェームズたちがトム ブラウンのメイド・トゥ・メジャーに身を包んだ日

C・キャバリアーズ メンバー、トム ブラウンの揃いのスーツで会場入り|THOM BROWNE

FASHION NEWS

THOM BROWNE|トム ブラウン

揃いのスーツで敵地に乗り込む。その着こなしに圧巻。

毎年4月に行われるNBAプレイオフ。2018年のキャブズ対ペイサーズの第3戦、そこにNBAのMVPスターであるレブロン・ジェームズ率いるクリーブランド・キャバリアーズが、「トム ブラウン」のメイド・トゥ・メジャーのスーツに身を包み敵地ペイサーズのホーム、バンカーズ・ライフ・フィールドハウスに入る姿があった。

Text by TAKEJI Akihiro

試合に向かう選手の気持ちを高揚させてくれるチームスーツ

ファッション・トレンドに大きな影響を与えることもあるNBAプレイヤーたち。近年のNBAでは、選手たちが隙のないスタイリングで試合会場入りすることも多く、SNSを見ているといろいろな選手のパーソナルスナップがアップされていることも少なくない。

今回注目を集めた、クリーブランド・キャバリアーズの選手たち。

彼らはランウェイともいうべき、試合会場にある通路をコーチであるティロン・ルーを含めたチームメンバー15名が、トム ブラウンのシグネチャーであるスーパー120sツイルスーツに白いオックスフォードシャツ、4-barカシミアカーディガン、チェスターフィールドオーバーコート、ブラックペブルグレインレザーブーツ、そして「Mr. Thom(ミスタートム)」バッグを身にまとっていた。それはさながら、フォーマルなスーツスタイルを自分らしくミックスし、より洗練された選手像を演出するかのよう。

IMG_6585
180420_TB_CavsShot_01_059
kevin-love

そのアイデアの発端は、ブラウンと現役屈指のオールスター選手であるドウェイン・ウェイドによるもの。2018年2月にウェイドがキャブズからマイアミ・ヒートにトレードされた後は、盟友のレブロン・ジェームズがこのプロジェクトを引き継いだという。

その試みに対して、トム・ブラウンは「キャバリアーズとの新たな取り組みは、ユニフォームが生み出す自信とパワーを伝えることができた文化的なメッセージです。レブロンを始め、彼のチームメートはそれぞれ個性にあふれています。その個性が自信により強く、同じメッセージを発信することが出来るのです……。」と話している。

試合に向かう選手の気持ちを高揚させてくれるチームスーツ。そして、揃いのスーツを着ることは、チームの気持ちを一つに、”団結”をアピールすることにつながるのだろう。ハデな個人技がとりだたされガチなバスケットボールという競技の中で、チームワークの大切さや試合にかける選手全員の決意……今回の試合会場入りには、そんな願いが込められているに違いない。

問い合わせ先

トム ブラウン ジャパン

Tel.03-6712-6348

https://www.thombrowne.com/jp