アクアノート・ルーチェ、16番目の新色「ミスティー・ブルー」|PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE|アクアノート・ルーチェ、16番目の新色「ミスティー・ブルー」

PATEK PHILIPPE 2018

PATEK PHILIPPE|パテック フィリップ

カジュアル・シックの
コンテンポラリーなニューカラー

SSケースにパヴェダイヤをあしらった「アクアノート・ルーチェ」は、2005年に誕生し、これまでさまざまなカラーバリエーションを生み出してきたが、2018年の新色は「ミスティー・ブルー」。グレートーンを帯びたブルーは、程よく彩度が抑えられ、現行ラインナップのなかでもひと際、大人びた表情に仕上がっている。

Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)

品のあるスポーティルックは、意外とありそうでない

ドレスウォッチだと大げさで、直球ダイバーズだとカジュアルすぎる。その落としどころで、時計ブランドはしのぎを削っています。これは本当に難しいところで、最も均整が取れているのはどれ? と、彼女に質問されても、なかなか簡単には応えられません。

そんななかで、「アクアノート・ルーチェ」は、常に筆頭候補に上がるシリーズだと思います。老舗和菓子屋が作るケーキ、みたいに、スポーティルックでもどこかで本格要素があるのです。

たとえば、ケースフォルム。これは「ノーチラス」の丸みを帯びた八角形の形状からインスピレーションを得たものです。そしてSSケースに惜しげもなく最高ランクのダイヤモンドをセットしています。普段着の範疇の最上級のおしゃれ、そんなところでしょうか。日常で格上感があり、華やかな席までもこなします。

そうした使い勝手の良さが受けているのでしょう。なにせ、これ1本で「アクアノート」の人、パテック フィリップな人になれるのですから、コスパ抜群だと思います。それに、このモデルのダイヤモンドの輝きといったら! もちろん、パテック フィリップ・シールの認定基準に準拠していますから、抜群の輝度なわけです。

k1
k5
k4
k3

また両側にバックルが開く”ダブルフォールディングバックル”も操作性がよく、不意の落下を防ぐ安全性の高いものになっています。装着時も爪を気にせず、簡単に身に着けることができます。

ちなみに、現行「アクアノート・ルーチェ」は、ミステリアス・ブラック、サファリ・ブラウン、グリッター・ホワイト、そしてミスティー・ブルーの4色です。

k8
k9

5067A アクアノート・ルーチェ

ムーブメント|クオーツ(Cal.E23-250 SC)
表示|3時位置にデイト表示
ケース素材|SS、46個のダイヤモンド(約1ct)
ケース径|35.6mm
バンド素材|ミスティー・ブルーのコンポジット
バックル|アクアノート折り畳み式
防水|12気圧
予価|178万円(税別)
発売|今秋発売予定

問い合わせ先

パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター

Tel.03-3255-8109

http://www.patek.com