アップグレードされたミニがデビュー|MINI

改良型MINI発表|MINI

CAR NEWS

MINI 3 door|ミニ 3ドア

MINI 5 door|ミニ 5ドア

MINI Cabriolet|ミニ カブリオレ

アップグレードされたミニがデビュー

ビー・エム・ダブリューは、ミニの基幹モデルであるハッチバック(3ドア、5ドア)とコンバーチブルを改良、5月16日より販売を開始した。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

どこから見てもミニだが、さまざまな変更を加えた

「どこから見てもミニと分かるデザインは継承しながら、実はさまざまな変更を加えています」と、今回の変更点について述べるのは、ミニディビジョン プロダクト マネージャーの生野逸臣氏だ。

その一つは新しいブランドアイデンティティであるミニのロゴデザインを採用したこと。フロントとリア、ステアリングホイール、そしてリモートキーに施されたロゴが、これまでのやや立体的なデザインから、最新のトレンドに合わせてた平面のデザインに変更された。

S_003mini_3_5_C
S_007mini_3_5_C

次に、テールランプが新しくなった。イギリスの国旗であるユニオンジャックのデザインをモチーフにしたもので、左右非対称のデザインである。これは、2014年のコンコルソ デレガンツァ ヴィラデステで発表された、「ミニ スーパーレッジェーラ ヴィジョン」のテールランプからの引用だろう。

ヘッドランプも新しくなった。ドライビングランプがその縁を彩るように点灯するのだが、これまでその下端はウインカーによって途切れていた。

しかし、新型では丸くつながった状態で点灯するようになり、ウインカー作動時はこのドライビングランプがオレンジ色で点滅するようになる。

生野氏は、「ミニにとってこれは重要な変更です。

インテリアなどを見るとよく分かるのですが、センターパネルのナビゲーションの大きな丸を含め、さまざまなところに丸を用いたデザインを採用しています。

ミニの重要なデザインモチーフは丸なのです」と述べる。

S_004mini_3_5_C