個性派ドレスウォッチ。ゴールデン・エリプス誕生50周年|PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE|個性派ドレスウォッチ。ゴールデン・エリプス誕生50周年

PATEK PHILIPPE 2018

PATEK PHILIPPE|パテック フィリップ

ラウンドとレクタンギュラー、双方の旨味を示す
黄金率から生まれた不朽のフォルム(1)

1968年に誕生した「ゴールデン・エリプス」は、今年、その誕生から50年を迎えることとなった。パテック フィリップではゴールデン・エリプスのアニバーサリーイヤーを祝すため、ふたつの新作を2018年のコレクションにラインナップ。なかでも注目は、レギュラーモデルとして登場した写真上のジャンボサイズモデルである。

Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)

気になる丸み。シンプルなのに癖がある

そう、このモデル、非常にシンプルな形状をしているのに、なぜか気になるんですよ。

スペックリッチな饒舌さをひけらかさない佇まいが、かえって潔さを感じます。薄型で2針のドレスウォッチゆえに、スーツやジャケットスタイルは当たり前に合いますが、謎の丸みが個性となって、カジュアルにも合わせたくなります。

ちなみに“謎”とは最大の褒め言葉です。だって、そうじゃありませんか? ミステリアスとは魅力的なこと。謎があるからこそ、ヒトは惹かれていくんです。

PP_5738R_001_DET-16951
PP_5738R_001_DET-17015
PP_5738R_001_DET-17065

ゴールデン・エリプスは、パテック フィリップ最大のアイコンである「カラトラバ」に次ぎ、2番目に長い歴史を持ちます。円と長方形を融合させた独特のフォルムは、ギリシア時代の数学者が発見した黄金分率(1:1.6181)からインスピレーションを得ていますが、そんな難しい話を抜きにしても“薄くて”“平たくて”“丸みを帯びている”特徴が、控えめながらも強烈な個性を放ちます。

しかも知っているヒトは知っているという位置づけも、ノーブルで、非常によろしいかと。

実際、このゴールデン・エリプスが、パテック フィリップの現行ラインナップでは最薄のシリーズとなります(ケース厚5.9mm)。

PatekPhilippe_TimeLine_EllipseOr_1968-2018_50years

その薄さを視覚的に強調するのが、平面度合いが際立つジャンボサイズ。ゴールデン・エリプスのファミリー・ツリーのなかでは、右から2番目。2008年に登場したW34.5×H39.5mmサイズのモデルです。

今回の新作も、このジャンボサイズ。ローズゴールドの温かみのある発色に、エボニーブラックの文字盤がシックに決まっていますが、サイズがジャンボで味付けは強め。そのフォルム、カラーコントラストのバランス感覚が、ズバッと鋭角に攻め込んでいると感じました。ちなみに、同色のカフスも同時ラインナップです。

A_5738R_001
B_5738R_001_DOS
C_5738R_001_PRO_3H
D_205_91027R_010

5738 ゴールデン・エリプス

ムーブメント|超薄型自動巻き(Cal.240)
パワーリザーブ|最小48時間
ケース素材|18KRG
ケースサイズ、厚|W34.5×H39.5mm、5.9mm
防水|3気圧
予価|336万円(税別)
発売|今秋発売予定
カフリンクス|45万円(税別)

Page02. ジュネーブの伝統を駆使したアニバーサリー限定モデル