ルノー、カングーに新色のクルール発売|Renault

ルノー、カングーに新色のクルール発売|Renault

CAR NEWS

Renault Kangoo Couleur|ルノー カングー クルール

ルノー、カングーに新色のクルール発売

ルノー・ジャポンは5月24日より「カングー クルール」を2色、それぞれ100台の合計200台限定で発売する。価格は259万9000円。

Photographs by UCHIDA Shunichi / UCHIDA ChizukoText by UCHIDA Shunichi

今年のテーマはフランスアルプス

「クルール」とは色、カラーを意味するフランス語だ。これまでルノー ジャポンは複数回クルールを発売。その時々にテーマを決めて、それに合わせたカラーをフランス本国モブージュ工場で塗装し日本のみの仕様として限定販売してきた。

第8弾となる今回のテーマは夏のバカンスで訪れたフランスアルプスだ。そこで見る緑と青い空をイメージし、ヴェール モンターニュ(ヴェールは緑、モンターニュは山)、ブルー シエル(シエルは空)の2色となった。

また、今回の限定車のみ、専用ボディ同色フロントグリル ブレードが装備される。さらに、成約記念としてフランス発のスキンケアブランド「ラ ロッシュ ポゼ」の UV ケアアイテムをプレゼントされる。

クルールは、「カングー ゼン EDC」をベースとしている。

s_006_renault_kangoo_colour
s_011_renault_kangoo_colour

バカンスは山か海

「8月にアルプスのシャモニーあたりに行くと、周りにはモンブランなどの高い山々があります。そこには松やモミの木がたくさんあって、日本で見る緑とはまた違った印象です。そこで、そのカラーを選びました」と話すのはルノー ジャポン マーケティング部チーフ プロダクト マネージャーのフレデリック・ブレン氏だ。

また、そこから空を見上げると、「日本の1月から2月に見られるような、澄み切って晴れ渡った空を見渡すことができます。ブルーシエルはまさしくその青をイメージしているのです」とそれぞれのカラーへの思いを語る。

今回は山がテーマだ。

ブレン氏はその理由について、「昨年はマルセイユの海をテーマにしました。フランス、特にパリ周辺では、バカンス時期になると山と海のどちらに行く? という話題に必ずなります。

そこで去年は海だったので今年は山にしたのです」とその理由を述べた。

s_004_renault_kangoo_colour