ローマ数字×真珠母貝ダイアルの日本限定モデルがローンチ開始|BREITLING

BREITLING|ローマ数字×真珠母貝ダイアルの日本限定モデルがローンチ開始

BASELWORLD2018

BREITLING|ブライトリング

これで見納め!? 日本で絶大な人気を誇る
ローマ数字×真珠母貝ダイアル、ラストモデルが登場

限定モデルとして日本市場にのみ展開する「クロノマット」のローマ数字インデックス仕様。この人気モデルがついに有終の美を迎えるようだ。

Text by KOIZUMI Yoko

「クロノマット」の超レアアイテム

登場以来、日本で高い人気を誇った「クロノマット」のローマ数字インデックスモデル。すでにスイスのラインナップから外れているが、日本での人気を受けて、不定期で限定モデルが登場していた。

一方、同じく「クロノマット」にラインナップしている真珠母貝(マザー・オブ・パール)ダイアルモデルも日本市場で大人気。そして、このふたつを組み合わせた”クロノマット ローマ数字インデックス×真珠母貝ダイアルモデル”は、日本限定のなかでも、なかなか登場しないレアピースだった。

そのレア仕様が、今年は登場。モデル名は「クロノマット 44 ブラックローマン マザー オブ パール」だ。

ローマ数字モデルは、日本では根強い人気があるが、それでも幾度となく”これが最後”と言われてきた経緯がある。しかし担当者によれば、どうやらクロノマットのローマ数字インデックスモデルも、ここでラストを迎えることが決定したようだ。

さてファイナルモデルとなった「クロノマット 44 ブラックローマン マザー オブ パール」だが、今モデルにはさらにレア度をアップさせるポイントがある。

そのひとつがブランドロゴ。今年からブライトリングはロゴを一新しているが、なんとこのモデルでは旧ロゴをそのまま使用。12時位置に翼のマークと1884の文字が配されているのである。

そして仕上げだ。クロノマットの新作では、ケースの仕上げがサテンに変更されているが、このモデルでは従来モデル同様、ケース、ベゼル、ブレスすべてがポリッシュ仕上げ。さらにはシースルーバックにより自社開発ムーブメント「ブライトリング01」を見ることもできる。

有終の美を飾るにはふさわしい”超絶レア”モデルは、日本限定500本。ケースバックにはシリアルナンバーが刻印される。

k1

クロノマット 44 ブラックローマン マザー オブ パール

ムーブメント|自動巻き(ブライトリング キャリバー01)
パワーリザーブ|70時間
機能|1/4秒クロノグラフ秒針、30分積算計、12時間積算計、日付表示
ケース素材|SS
ケース径|44mm
ブレスレット仕様|パイロット・ブレスレット
防水|20気圧
価格|110万円(税別)

問い合わせ先

ブライトリング・ジャパン

Tel. 03-3436-0011

http://www.breitling.co.jp/