ニューレトロ・コレクションのラインナップが拡充|de GRISOGONO

de GRISOGONO|ニューレトロ・コレクションのラインナップが拡充

BASELWORLD2018

de GRISOGONO|ドゥ グリソゴノ

ハイジュエリー・ブランドが提案するメンズウオッチ
コレクションに新作がラインナップ

独創的なデザインワークで、新たな時計の魅力を創出するドゥ グリソゴノ。その人気コレクション「ニューレトロ」に、新作が登場した。

Text by KOIZUMI Yoko

オリジナリティ溢れる2モデル

1993年に創業したハイジュエリーブランド、ドゥ グリソゴノ。タイムピースの製作は2000年からスタートし、さまざまなユニークピースを世に送り出している。

なかでもシンプルなフォルムながら独創性を感じさせるデザインで、2015年の発表以来、同ブランドの主力タイムピースとなっているのが「ニューレトロ・コレクション」だ。

ニューレトロ・コレクションは1950年代のスタイルにインスパイアされたもので、その特徴はワイドレクタンギュラー型と呼ばれるケースにある。リュウズを12時位置に備え、ケースはふっくらとしたラインで構成される。そしてサファイアガラスもケースラインに合わせてドーム型に成形し、美しい一体感を創出している。

そのニューレトロ・コレクションに今年、登場したのが「ニューレトロ・パワーリザーブ」だ。同社独自開発のムーブメントは、わずか181個の部品で構成されており、チラネジ付きテンプやゼンマイを左右対称位置に据え、そのほかのパーツを最も効率的かつ美しく配している。

歯車はサテン仕上げ、ラチェットホイールはサンバースト仕上げ、メインプレートやブリッジはサンドブラスト仕上げを施し、ディテールにもこだわりを見せる。そしてパワーリザーブ表示は12時位置に配置。ゼンマイの状態と合わせて、巻き上げ残量を見ることができるのも、このモデルならではのユニークさだろう。

もう一点が、ふたつの宝石という意味を持つ「ニューレトロ・ダブルジュー」だ。ふたつの宝石とは、ダイヤモンドで飾られた3と9。文字盤は表裏デュアルディスプレイとなっており、表面にホワイトダイヤモンド31個(0.20ct)、裏面にブラックダイヤモンド31個(0.20ct)がセットされる。ゆえに数字の回転機構が生きてくる。

この”ダブルジュー”(ふたつの宝石)を回転させるのが背面に配されたローターであり、しかもこのローターはダブルジューを回転させるためだけに存在している。

時計自体はクオーツで動いているのも、遊び心に溢れている。

k2

ニューレトロ・パワーリザーブ

ムーブメント|手巻き(RM 18-02)
パワーリザーブ|48時間
ケース素材|18KWGまたは18KRG
ケースサイズ|横50.6×縦44.1×厚さ12.3mm
防水|3気圧
予価|698万円(18KWG)、698万円(18KRG)※いずれも税別
発売|未定

k1

ニューレトロ・ダブルジュー

ムーブメント|自動アニメーションモジュール搭載クオーツ(SFA 18-01)
ケース素材|18KRGまたは18KWG、ダイヤモンド35個(1.35ct)
ケースサイズ|横42.3×縦39.6×厚さ10.8mm
防水|3気圧
価格|636万円(18KRG)、636万円(18KRG)※いずれも税別
発売|未定

問い合わせ先

ムラキ

Tel.03-3273-0321

https://www.muraki-ltd.co.jp/watch/wristwatch/degrisogono/