ミラノサローネ2018 MINI展示リポート|MINI

ミラノサローネ2018 MINI展示リポート|MINI

CAR FEATURES

MINI|ミニ

ミラノサローネ2018

パッケージングの追求と通底する
MINIならではの住まいの提案

毎年4月に開催される世界最大規模の家具の見本市「ミラノサローネ」。昨今、自動車メーカーの出展も多いが、MINIもその例に漏れない。今年はいかなる展示を行ったのか。現地より小川フミオ氏がリポートする。

Text by OGAWA Fumio

ますます人口が集中する都市にどう住むか

昨今はライフスタイルブランドという呼び方を自動車メーカーは好む傾向にある。しかし実際にどこまで踏み込むかは、メーカーによってだいぶ異なる。

なかでもMINIはかなり大胆だ。MINI LIVINGの名の下に、住宅の分野まで進んでいこうという勢いなのだ。

「ミラノ デザインウィーク2018」でも、「MINI LIVING-BUILT BY ALL」と題して大々的なインスタレーションを展開。

s_011_milano_salone_2018
s_006_milano_salone_2018

トルトーナ地区では倉庫を使ったスペースシェアという提案を、MINIならではのやりかたで見せてくれたのだった。

MINIは、2017年のミラノデザインウィークで「Breathe(ブリーズ)」という建坪は小さく、上に伸びた狭小シェアハウスを提案。

2018年のテーマは「ますます人口が集中する都市にどう住むか」と、より絞り込まれた現実的なものになっている。