プロダクトとオブジェの間をゆく、浮遊感あふれるフルーツボウルが登場|DANESE

DANESE|プロダクトとオブジェの間をゆく、浮遊感あふれるフルーツボウルが登場

PRODUCT Tokyo Tips

DANESE|ダネーゼ

ディスクの中にグリッドが入り込んでいるような視覚効果

美的な遊びと適切な素材を組み合わせ、プロダクトとオブジェの間を行き来したアウトプットで知られる、ロン・ギラッド。彼が手がけた「SURFACE+BORDER NO.1」は、アクリルミラーを大胆に使用したフルーツボウル。

サーフェース(ミラー)とボーダー(フレーム)で構成され、乗せた物とフレームの映り込みによって不思議な視覚効果を生み出す。浮遊感があふれる佇まいだが、テーブルと接する部分には薄いフェルトの滑り止め加工が施されるなど安全面にも配慮。

surface_002
surface_003

フルーツを乗せるだけでなく、グラスやカップ、キャンドルスタンドを置くなど使い方はさまざま。客人を驚かすとともに華やかなひとときを演出してくれるだろう。イタリア製。

SURFACE+BORDER NO.1
サイズ|φ49×8hcm
カラー|ブラック、レッド
価格|7万円(税別)

問い合わせ先

クワノトレーディング

Tel. 03-5825-3053

http://www.kuwano-trading.com