新デザインを採用したレンジローバー2018年モデルを受注開始|Range Rover

新デザインを採用したレンジローバー2018年モデルを受注開始|Range Rover

CAR NEWS

Land Rover Range Rover|ランドローバー レンジローバー

Land Rover Range Rover|ランドローバー レンジローバー スポーツ

新デザインを採用したレンジローバー2018年モデルを受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーSUV「レンジローバー」とプレミアムスポーツSUV「レンジローバー スポーツ」の2018年モデルの受注を開始すると発表した。

Text by HARA Akira

快適性を高めたレンジローバーと、出力アップしたスポーツ

レンジローバー」の2018年モデルでは、フロントグリル、フロント/リアバンパー、ヘッドライト、リアスポイラーなどエクステリアを一新、レンジローバーではよりモダンで洗練されたデザインに、「レンジローバー スポーツ」では精悍でスポーティさが際立つデザインになったという。

また、インフォテインメントシステム「タッチプロ デュオ」、4Gの通信機能で離れた場所からクルマの各機能を確認・操作できる「リモート プレミアム」を標準装備。

s_018_Land_Rover_Range_Rover2018
s_025_Land_Rover_Range_Rover2018

さらに速度やナビなど主要データをフロントガラス上に表示するHUD、手の動作でパノラミックサンルーフの開閉ができるジェスチャールーフブラインドなど、先進テクノロジーを新たにオプション設定したのが両モデルの共通点となる。

「レンジローバー」では、インテリアがより快適かつラグジュアリーに改善されたのが特徴で、シートの形状や素材が見直され、ゆったり深く着座できるようになった。

オートバイオグラフィーなど上級モデルに標準設定されたリアエグゼクティブクラスシートでは、リアセンターコンソールを電動可動するデプロイアブルコンソールと、40:20:40の折りたたみ式リアシートが設けられ、4シーターと5シーターの両方にアレンジすることができる。

専用スマートフォンアプリから後席のシートマッサージ、エアコン、個別のシート温度設定ができるコンフォートコントローラー機能も搭載。

また、急速冷蔵機能を新たに備えたセンターコンソールボックス(500mlボトル4本収納)、25種類のマッサージプログラムを持つホットストーンマッサージ、フットレストヒーターなどオプション装備を充実させた。

s_020_Land_Rover_Range_Rover2018