連載・藤原美智子2018年4月| 指塗り“しっとり”アイシャドウで、“美・リアリティ”な目元に

連載・藤原美智子2018年4月|指塗り“しっとり”アイシャドウで、“美・リアリティ”な目元に

COUTURE of LIFE:Essay and a story

連載・藤原美智子2018年4月|指塗り“しっとり”アイシャドウで、“美・リアリティ”な目元に

アイシャドウは指塗りにシフト

2、3年前から私自身のアイシャドウは“指塗り”が基本になっています。つまり中指か薬指にアイシャドウをつけて塗るというものです。塗るのは上瞼の目頭と目尻の間。上瞼の睫毛際や下瞼といった細かな部分は指では塗りにくいので、その部分はチップで。つまりアイメイクの道具の主役は指、チップで補足するという感じです。

Photographs & Text by FUJIWARA Michiko

アイシャドウの質感の変化に合わせて、道具もチェンジ

どうして指で塗るようになったかと言うと、アイシャドウの質感が従来のサラサラとしたものから、“シットリ”というものに変化してきたから。それに合わせて使う道具を変えたというわけです。

シットリとしたアイシャドウは油分が含まれているので、ブラシだと毛の隙間に入り込んでしまい、塗るとベットリとムラについてします。でも指であれば油分が入り込むことはないのでムラにつくことはありません。また、体温と丸みのある指で塗ったほうがシットリ系の質感はより生きるように感じます。物が変われば、使う道具も変わると言うことでしょうか。

“しっとり”の良さと、指の使い分け

ところで、“しっとり”とした質感のアイシャドウの良さは何かと言うと、油分が含まれているので透明感があること。それに皮膚にフィットするので“メイクした感”が薄らぎ、リアリティのある自然な印象になること。さらに指で塗るアバウトな仕上がり感は、“今”の空気感にちょうど合うのです。

また何故、中指や薬指を使うのか言うと、これらの指だと瞼に対して水平に当てやすいのでムラなく塗ることができるからです。人さし指だと下瞼につきやすいし、指先を曲げてしまいがちになるので、そうするとムラについてしまいます。小指や親指がダメなことは説明不要でしょう。

ところで私は、上瞼は中指を。目頭側の先端側は薬指を使っています。それぞれの指の位置と太さが、それぞれの塗る部位と範囲にちょうど合っているからです。

アイグロウジェムの使い分けと塗り方

このようにアイシャドウの質感は今、“しっとり系”にシフトしていますが、その先駆者と言えるのが、この春に大々的にリニューアルした「コスメデコルテ」の新メイクアップのアイグロウジェム。しっとりとした質感と輝き、美しい色合い、そして滲みにくさが魅力のクリームタイプのアイシャドウです。

私のおすすめの使い分けと塗り方は、上段の明るめの色のシャドウはハイライトカラーとして、薬指で目頭の先端にトントンと目を開けながら塗る。中段の濃いめのシャドウは引き締め色として中指で上瞼に。これは目を閉じながら。そして下段のニュアンス的なシャドウはチップで下まぶた全体か目尻側に、というものです。

お気に入りの色で是非、試してみてください。

02

コスメデコルテ アイグロウジェム
カラー|全30色

ABOUT
FUJIWARA Michiko

ラ・ドンナ主宰。 ヘア・メイクアップアーティスト/ライフスタイルデザイナー 多くの雑誌や広告撮影のヘアメイク、執筆、化粧品やファッション関連のアドバイザー、講演、TV出演などで幅広く活躍している。 また美容だけではなく、 …