バーニーズ ニューヨークが認めた大人のiPhoneケース|デミウルーボ

デミウルーボ|バーニーズ ニューヨークが認めた大人のiPhoneケース

DESIGN FEATURES

Demiurvo|デミウルーボ

これまでない大人のスマホケースを目指して

検索すれば、限りない種類のiPhoneケースが表示される現在。ソフトケース、ハードケース、バッテリー内蔵型、バンパー型、完全防水型など、デザインも素材も機能も千差万別だ。そこで、大人の男にふさわしいデザインと必要最小限の機能性を併せ持つものに絞り込んでみた。

Text by KAWASE TakuroPhotographs by SATO Yuki(KiliKiliVilla)Photographs by Jamandfix

中野光章氏に聞くデミウルーボの魅力

180301_openers1438
今回紹介するデミウルーボ(Demiurvo)は、スマホケースを手広く取り扱っている国内メーカーのキャンバー社からローンチした新ブランド。この聞き慣れないブランド名は、ギリシャ神話に登場する創造の神”デミウルゴス”と、新しいという意味の”ヌオーボ”という言葉を掛け合わせた造語。一切の妥協を排し、”今までになく最高にかっこいいスマホケースを作りたい”というシンプルな発想からスタートした。

ファーストコレクションとしてラインナップされた3型のサンプルを元に、取り扱いを即断したのが、バーニーズ ニューヨークである。セールスプロモーションを統括する中野光章氏にデミウルーボを取り扱うようになった経緯から伺った。

702A6649

毎日手にするものだからこそ質感にこだわりたい

中野「これまでバーニーズ ニューヨークでは、iPhoneケースの取り扱いを少しずつ増やしてきましたが、さらにそのニーズが高まっていると感じていました。特にiPhoneは、大型化に伴う落下の危険性があるので、画面へのダメージを最小限にとどめてくれる手帳型ケースが気になっていました。そんなときに、共通の知人を介して出会ったのがデミウルーボでした。実際のサンプルを手にしたとき、質感の良さに驚きバイヤーにつなぎました」

702A6675

試作にあたりデミウルーボのデザイナーが最重要視したというのは、毎日手にしたくなるような質感であること。そこで、靴や鞄などに用いられる一般的なレザーではなく、特別なレザーを探し求めた。そしてデザイナー自らが足を運び、出会ったレザーがフランスとイタリアの名門タンナーだった。フランスの高級メゾンがこぞって使っている、レミー カリア社のルナメディソンと、イタリアのレザーブランドが好んで採用しているバダラッシ カルロ社のミネルバリスシオという2種類の高級レザーだった。

180301_openers1442

ペブリー

180301_openers1448

プレーン

中野「iPhoneケースにここまで特別なレザーを使うというのは聞いたことがありません。どうりで質感がいい訳ですね。高級感が見た目からも伝わりまし、実際に手で触れてみれば、今までのものとは違うということが分かってもらえると確信しました。レザーそのものの質感が楽しめるプレーンはもちろんですが、ネイルヘッド、スタッズ、箔押しというデザインもやり過ぎた感じがせず、大人にちょうどいい」
180301_openers1343

あくまでもさりげなく個性を感じさせるデザイン

今回の発売にあたり、リリースされるデザインは全部で4型。レミー カリア社のルナメディソン・レザーを採用した”レミープレーン”と、流星をイメージしたネイルヘッドをあしらった”メティアー”。バルダロッシ カルロ社のミネルバリスシオ・レザーを採用し、スタッズの型押しをあしらった”ぺブリー”と、シルバーの箔押しラインをあしらった”グリーム”である。
180301_openers1358
中野「チェッカーフラッグ柄アイテムに目がない僕が、まず飛び付いたのが(写真上)ペブリーでした。型押しした四角いスタッズは市松模様にも見えるからです。今後はスタッズの配列を自分好みにカスタマイズすることもできるということなので、その点も大きな魅力と可能性を秘めていると思います。また、使い込むほどに凹凸部分が風合いを増し、経年変化が楽しめるのも、植物性タンニン鞣しによるミネルバリスシオ・レザーならでは。それでいて1万円台前半という価格も、非常に魅力的ですね」

カスタマイズ可能な木製インナーケースの存在

demi_002
その他に注目すべき点として挙げておくべきは、オプションとして用意されている木製インナーケースである。これはレザーケースの内側にiPhoneをホールドしておくためのパーツ。ウッド素材は、クルミ、サクラ、シタンの3種。天然の木目を活かし、特殊な加工で型押し成形されている。デフォルトとして付属しているのはポリカーボネイト製のブラックがあるが、前述の4デザインそれぞれにカスタムオーダーすることが可能だ。

180301_openers1370
demi_001
180301_openers1365

中野「側面から見たときにちらりと見えるウッド素材も、レザーの質感を高めてくれる要因になっていますね。家具や楽器を思わせるウッド素材と高級レザーという組み合わせは、iPhoneケースとしては斬新ですよね。担当バイヤーもお客様にまず手に取って感じてもらいたいと思い、アルチザン・デー(バーニーズ ニューヨークが定例的に行うイベント)で取り扱うことも決めました」

702A6642

このイベントでは、3文字までの名入れができるカスタマイズサービスを実施。もちろんバーニーズ ニューヨーク先行だ。オプション料(1080円)を支払えば、3週間程度で手元に仕上がってくる。自分用としてはもちろん、パートナーのイニシャルを刻印して、ギフトとして贈るということもできる。洗練されたデザインと、肌に触れただけで分かる上質なマテリアルを使ったデミウルーボは、ジェンダレスな存在でもある。。

702A6661
702A6716

中野「毎日手にするものだから、iPhoneケースもファッションアイテムであるべきだと考えています。大人にふさわしい質感とデザインを併せ持ち、さらにパーソナライズできるのは、素敵ですよね。手帳型のケースによくあるストラップがなく、マグネットで開閉できる仕組みも本当によくできています。内側のスリットに紙幣や社員証などのカードを挟み込んでおけば、iPhoneだけで外出できますから。ランチタイムに財布を持たず身軽に活動できますね」

数多くのスマホケースをデザイン・製造してきたノウハウを存分に発揮し、これまでにないラグジュアリーな素材とカスタマイズを提案するデミウルーボ。落下によるダメージを最小限に抑えるという実利面はもちろんのこと、数多くのファッションブランドのレザーを体験してきた男性を虜にする、質感の高さが味わえるのだ。今後の展開としてレディースカラーの展開やさらなるカスタマイズサービスも予定されており、今後の動向にも目が離せない。

702a_openers1416
702A_openers1447

ファーストコレクションで発売されるのは、iPhoneX専用とiPhone8/7/6S/6兼用の2サイズ。4デザインそれぞれに、木製インナーケースのオプションも用意されている。レミープレーン9200円/1万1500円、(写真右)メティアー9800円/1万2000円、ペブリー9100円/1万1500円、(写真左)グリーム8500円/1万1000円 ※全て税別

EVENT
<デミウルーボ>ウィメンズ・メンズレザーアクセサリーオーダー・カスタマイズイベント

今回のデビューにあたり、下記のバーニーズ ニューヨーク各店にて、デミウルーボのiPhoneケースを自分好みにカスタマイズできるイベントを開催。期間中は、インナーケースを3種類のウッド素材から選ぶことができ、希望のイニシャルを刻印(1080円)することが可能。

SUMMER 2018 ARTISAN DAY
<デミウルーボ>ウィメンズ・メンズレザーアクセサリーオーダー・カスタマイズイベント
開催期間|2018年3月30(金)~4月22日(土)
店舗|銀座本店1F / 新宿店1F / 六本木店1F / 横浜店1F / 神戸店1F / 福岡店1F

※オーダー品の代金はオーダーの際にいただいております。予めご了承ください。
※商品のお渡しまで3週間程度を予定しております。

問い合わせ先

バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター

0120-137-007

https://www.barneys.co.jp/

問い合わせ先

Demiurvo

https://demiurvo.com/