ブライトリング、「ナビタイマー 8」を発表。 語り継がれる未来へ再始動|BREITLING

BREITLING|ブライトリング、「ナビタイマー 8」を発表。 語り継がれる未来へ再始動

Watch & Jewelry NEWS

BREITLING|ブライトリング

ブライトリング、「ナビタイマー 8」を発表。
語り継がれる未来へ再始動(1)

スイスの高級時計ブランド・ブライトリングが、中国・上海でラグジュアリーな新シリーズ「ナビタイマー 8」コレクションをローンチ。同時に開催されたレッドカーペットイベントを、日本から招待され出席した弊誌編集大魔王・祐真朋樹のコメントとともにレポート!

Text by HATAKEYAMA Satoko

_I5A7697
Navitimer-8

日本、中国、韓国、東南アジア各国から約340人ものゲストを招待して開催されたイベントでは、1884年の創業からを現在まで数多くの名品をリリースし続けてきたブランドストーリーを展示。ブースの各所には、世界的クロノグラフ・コレクターであるフレッド・マンデルバウム氏が所有するブライトリングのヴィンテージウォッチも陳列。1915年に世界初の独立した専用プッシュボタンを備えたクロノグラフ腕時計を開発して以来、パイロットウォッチの先駆者といわれてきたブライトリングの歴史と伝統が見事に視覚化された夜となった。

_I5A7471
_I5A7578

祐真 「20代でスタイリストの仕事を始めた頃。雑誌『POPEYE』でFDG(エフデジェ=フランス版プレッピー)や渋カジのスタイリングに、ブライトリングの腕時計をよく使っていました。クロノグラフのパイオニアで洗練されたミリタリーテイストが格好よかった。当時の僕にとっても憧れの時計でしたね」

IMG_2123
_I5A7555

ブランドヒストリーの展示では1960年代のヴィンテージに惹かれたという編集大魔王。特に自身の生まれた年である1965年のブースに展示されたダイバーズウォッチ「スーパーオーシャン」は、ガン見するほどその造形に目が釘付けになったという。

IMG_2148
IMG_2234

祐真 「ブランドの歴史をたどっていくと、パイロット御用達だったり飛行機のコックピット搭載用計器にも用いられたりしただけあって、初期はガチな機能寄りのモデルが多く見られました。ポップカルチャーが花開く60年代以降には、文字盤やデザインにもファッション性が感じられるようになり、スタイリッシュなデザインや「007」映画に使われるようなシックなモデルもリリースされるようになっています。パイロットウォッチからスタートしたブランドが時代の変遷とともに進化してゆく経過は、見ていてすごく面白かったです」

Page02. イベント後の晩餐会では……

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』『ENGINE』等のファッションページのディレクションのほか、著名アーティストや文化人の広告のスタイリング等を手掛けている。パリとミラノのコレクション観覧歴はかれこれ25年以上。   Born in 1965 in Kyoto, Japan. He started his career as a fashion editor at POPEYE magazine of Magazine House. Currently, he is working on various magazines such as UOMO(SHUEISHA), GQ(Conde Nast Japan),Casa BRUTUS (Magazine House), MEN’S NON NO (SHUEISHA), ENGINE(SHINCHOSHA)and he is setting styling people such as artists and […]