運転が「ゲーム」になる日|CES 2018

運転が「ゲーム」になる日|CES2018

Toyota e-Palette Concept

CAR FEATURES

CES 2018 クルマ編

運転が「ゲーム」になる日

今年もラスベガスで開かれたCES(コンシューマー エレクトロニクス ショー)。現地を訪れた大矢アキオ氏が、自動車関連に注目してそのトレンドをお伝えする。

Photographs & Text by Akio Lorenzo OYA

もはや車は「走るスマートフォン」

世界最大級のエレクトロニクス見本市「CES」が2018年1月に米国ラスベガスで開催された。

近年ショーのスターである自動運転車は、もはや「見るもの」ではなく「乗るもの」となった。

パーツサプライヤー「アプティブ」は、配車サービス大手「リフト」とのコラボレーションで、自動運転ハイヤーを会場と市内間で実際に走らせた。利用は無料。通常のリフト用アプリを介して予約する仕組みがとられた。

s_002_ces2018_car

Aptiv × Lyft : Self-Driving BMW

s_008_ces2018_car

Torc Robotics

同様の試乗サービスを提供するサプライヤーは、ほかにも数社みられた。また、試乗できないものでも、会期中ラスベガス市街にはデモンストレーションも兼ねた自動運転車が走り回っているのを頻繁に目撃した。

自動車関連の展示は、CASE(コネクティビティ、オートノマス=自動運転、シェアリング、エレクトリック=電動化)の波にしたがったものが大半となった。

アマゾン「Alexa」に代表されるAIアシスタントの自動車への搭載が急速に進む。

顔面認証もしくは虹彩といったバイオメトリックデータを読み取る装置や、クルマ自体を「財布代わり」にして、通過するさまざまな場所で決済を行うシステムも複数の企業から提示されていた。

さらに「デンソー」は、渋滞情報、交通信号制御、そして実際に動いているクルマを連携させる大規模なネットワークを提案する。

自動車と人がつながり、そのクルマは外部からの情報を受信し、自車のデータを送信する。

クルマは自走できるスマートフォンになりつつある、といっても過言ではない。

s_011_ces2018_car

GENTEX Iris identification system