レクサス LS600hに試乗|LEXUS

レクサス LS600hに試乗|LEXUS

CAR IMPRESSION

Lexus LS 600h|レクサス LS 600h

ビッグマイナーチェンジを敢行したLS600hに試乗

レクサス「LS」が誕生したのは今から23年前。1989年のことだ。それから3回のフルモデルチェンジを経て4代目の現行モデルが登場したのは2006年。登場から6年を経過し、フルモデルチェンジに匹敵するといわれたマイナーチェンジを敢行した「新型LS」。スピンドルグリルを得て外観は大きく変わった。ではその中身はどう変わったのか? レクサスのフラッグシップの、さらにその頂点に君臨する「600h」のドライバーズシートに大谷達也氏が乗り込んだ。

Text by OTANI TatsuyaPhotographs by MOCHIZUKI Hirohiko

敢えて個性を主張する道を選んだ

スピンドルグリルは、旧来の価値観と決別しようとする、レクサスの強い決意のあらわれではなかろうか?

ややアクが強すぎるといえなくもないこのデザインは、オリジナリティの高いものを評価する層には積極的にうけいれられるだろうが、無難なもの、伝統的なものに安心感を覚える向きからは敬遠されるかもしれない。しかし、レクサスはそれを承知のうえで、敢えて個性を主張する道を選んだ。その姿勢は、「できるだけ多くの顧客に受け入れてもらう製品づくり」に邁進してきたトヨタとは決定的にことなるものでもある。

レクサス「LS」のチーフエンジニアを務めた渡辺秀樹が語る。「より多くの人たちに支持していただける良品廉価を目指したのがトヨタ車です。けれども、レクサスはプレミアムブランドなので、それだけで終わるわけにはいきません。なぜなら、プレミアムブランドは、ある種贅沢なものであり、より個性的でなければならないからです」

Lexus LS 600h F Sport|レクサス LS 600h F スポーツ
Lexus LS 600h F Sport|レクサス LS 600h F スポーツ

とはいえ、長年トヨタ自動車に勤務してきた彼らに、いきなり「個性を追求しろ」というのは無理な話だ。1989年、初代「LS」とともにアメリカで産声を上げたレクサスは、それまで以上にクルマの根本に立ちかえった開発がおこなわれたとはいえ、クルマの評価基準、価値基準は従来のトヨタ車の延長線上にあったようにおもう。しかし、世界の名だたるプレミアムブランドと競合するなかで、レクサスはトヨタから次第に離れ、レクサス独自の個性を打ちだすようになっていった。

おなじ「LS」でいえば、2006年に誕生した4代目はヨーロッパ生まれのプレミアムサルーンと肩をならべる優雅なスタイリングを手にいれた。

しかし、インテリアデザインにはトヨタ的アイデンティティが散見されたほか、走りの味にかんして言えば「恐ろしく洗練されたクラウン」といえなくもなかった。いや、別にトヨタ的な価値観が悪いといっているわけではない。ただし、プレミアムブランドに不可欠な個性と贅沢さの追求に関していえば、まだ“良品廉価”という思想からじゅうぶんに抜けだしていないようにおもえたのである。

Lexus LS 600h F Sport|レクサス LS 600h F スポーツ

しかし、私のそうした認識は、最新の「GS」に試乗した瞬間、すっかり消え去った。骨太な味つけはヨーロッパ製プレミアムモデルを彷彿とさせるもの。しかも、走りの性能は表面的なものではなく、どこまで攻め込んでも破綻をきたさなかった。

まずはしっかりしたボディ剛性を確保、そこに正確に作動するサスペンションを取りつけ、丁寧なチューニングを施さない限り、この領域には届かないはず。

インテリアの質感、そして独自性もヨーロッパ車に引けをとらない。そしてフロントセクションは、あの特徴的なスピンドルグリルで飾られていた。「ああ、あのスピンドルグリルとともに、レクサスは独自の世界を持つ本物のプレミアムブランドに生まれ変わったのだなあ」 その感慨は、鮮烈な印象となって筆者の心に残った。

そしていま、レクサスのフラッグシップモデルである「LS」がスピンドルモデルを得てマイナーチェンジを果たした。しかし、社内ではフルモデルチェンジに匹敵する大規模な変更であったととらえられているらしい。事実、改良の手はボディ構造にまで及んだという。しかも、レクサス ブランドの走りを象徴するグレード“F SPORT”を「LS」として初設定するなど、新型「GS」に準じたモデルチェンジであることを予感させた。

果たして、新型「LS」はどこまで生まれ変わったのか? 筆者は、興味津々で試乗会場を訪れた。