開発が進むオアフ島、新たなホテル選びとは?|プリンス ワイキキ

PRINCE WAIKIKI| 開発が進むオアフ島、新たなホテル選びとは? 

SMART TRAVELER

PRINCE WAIKIKI

ホテルでのんびり~最新スポット巡りまで
優雅で使い勝手がいい『PRINCE WAIKIKI(プリンス ワイキキ)』

ハワイ好きであれば、「カカアコ地区」や「ワードヴィレッジ」なる言葉を聞いたことがあるだろう。かつては倉庫街だったエリアの再開発が進み、現在はホノルルの最新スポットとして話題を集めている絶対に行っておきたいスポットだ。
とはいえ、数泊の間にはホテルでのんびりとした時間を過ごしたい、アラモアナショッピングセンターや定番のワイキキビーチにも行っておきたい。そんなわがままを簡単に叶えてくれるのが、2017年4月に全面リニューアルオープンとなった『PRINCE WAIKIKI(プリンス ワイキキ)』。ここを知っていると知らないとでは、オアフ島で過ごす快適さや自由度が大きく変わってくる。

Text by TOMIYAMA eizaburo

ワイキキの西端、ホノルルの中央という立地

ダニエル・K・イノウエ国際空港(_旧ホノルル国際空港)から車で約30分。アラモアナ・ブルバード沿いに、ツインタワーのホテルが見えてくる。ワイキキの西端であり、ホノルル市の海沿い中央部に位置する『PRINCE WAIKIKI(プリンス ワイキキ)』は、地元セレブにも愛されるラグジュアリーな人気ホテルだ。ちなみに、トリップアドバイザーによるホノルルエリアのホテルランキングでは、7ヶ月連続1位を獲得している。

プリンスワイキキ 
ロビー

かつてこの場所はピイナイオ川から海へと流れ込む河口だった。ロビーの天井を飾るのは、そこに生息していた母川回帰魚のヒナナフィッシュをイメージした銅板。フロアのデザインも河口をイメージしている。

ヨットハーバーを臨む全室オーシャンビュー

南国気分を感じさせながらも落ち着いた雰囲気のロビーは、フライトの疲れが吹き飛ぶほどの開放感。早くも優しい気持ちに満たされていく。日本語にも対応するホスピタリティ溢れるスタッフにより、スムーズにチェックインを済ませていざ客室へ。鍵はカードをタッチするタイプなので、さっと入室できるのも嬉しい。

さて、どんな客室が待っているのか? 事前に写真で確認していても心配は尽きない、これからの旅を占う大事なファーストインプレッション。わくわくしながら扉を開けると、モダンで落ち着きのあるインテリアがお出迎え。「これは当たり!」そう確信できるほどすべてのバランスが心地いい。大きな窓を開け放てば、優雅で美しいヨットハーバーが広がっている。ビーチよりも静かでゆったりとした時間が流れる景色、これならば本当にリラックスした毎日を過ごせそうだ。全室オーシャンビューの『PRINCE WAIKIKI(プリンス ワイキキ)』なら、誰もがこの風景を楽しむことができる。

オーシャンフロント 2クイーン

壁面に描かれているのは、シアトル在住のアーティストであるリッキー・ウォルフェによる可憐なナイオの花。ナイオはピナイオ川の河口に自生していた浄化力のある植物。

客室からの景色1

客室からはアラワイ港のヨットハーバーや、アラモアナビーチの景色が見られる。

女性たちの笑顔がこぼれるアメニティ

まずはフライトの疲れを取るためにシャワールームへ。アメニティは、カウアイ島の大自然から生まれたオーガニック・スパブランドの『マリエオーガニクス』。日本でも取り扱い店舗が増えている人気ブランドだ。ハワイに自生する植物たちの香りを感じながら、身体をすっきりしっとり洗い流せばジェットラグも消え去っていく。

IMG_0646

ハワイを感じる心地良い部屋のソファに腰掛け、ぼーっと今日の日程を考える。たどり着いた答えは、ひとまず腹ごしらえ。ホテル内の『100 SAILS RESTRANT & BAR』は、カジュアルで気軽に寄れるレストランとして地元の人たちからの支持も高い。ビュッフェもあるが、まずはローカルビールを飲みながらアラカルトで。地元の食材を中心としたメニューは、ベーシックなものからフュージョン系まで種類豊富でどれも美味。朝食やランチ、ブランチ、ディナー、バーといつでも利用できる手軽さも魅力だ。
そのほかにも、ホテル内にはハワイ州観光局公認プログラム「111-HAWAII AWARD」の寿司部門で第一位に選ばれ、地元民からも愛されている『KATSUMIDORI SUSHI TOKYO』もある。

IMG_0657

噂のインフィニティプールも体験できる!

今日はもうゆっくりと過ごしたい! そんなときは話題のプールへ。5Fにある屋外プールには、まるで水平線に溶け込んでいくかのような、縁のないインフィニティプールを完備。そのほか、メインプールやジャグジーもある広々とした空間のなかで、ゆったりとした時間を過ごすことができる。バーも完備しているので、冷えた白ワインで喉を潤しながら読書をするのもおすすめだ。
また、31~33Fのクラブフロアに滞在の人や、特別プランを申し込んだ人なら、プールエリアにあるクラブラウンジが使えるというメリットも。ここでは軽食やソフトドリンクだけでなく、地ビールやワインといったドリンク類が無料で楽しめてしまう。見晴らしもよく、スペシャル感のあるスポットなので是非利用したいところだ。

インフィニティプール サンセット

プールだけでなく客室からもサンセットを眺めることができる。プール営業は7:00〜22:00。

クラブラウンジ2

朝食を楽しむこともできる、優雅なクラブラウンジ。

シェア自転車を使えば、気軽に観光できる

『PRINCE WAIKIKI(プリンス ワイキキ)』を満喫したらいざ街へ。実はこの場所、アラモアナショッピングセンターまで徒歩10分程度という好立地。ぶらりお散歩感覚で買い物が楽しめてしまうのだ。また、アラモアナビーチはサーフスポットでもあるため、ボードを持ったままホテルから歩いて行けるというのも大きなメリット。

そんななか、ホノルル観光での一番のおすすめは2017年6月に登場したシェア自転車『biki』を賢く利用すること。自転車を使った瞬間、話題の最新スポットであるカカアコ地区まで約10分、ダウンタウンやチャイナタウンのエリアまで約20分ほどで行けてしまうのだ。ワイキキビーチの中心部も約20分で到着してしまう。ホノルルは一方通行も多く、また渋滞も増えているのでレンタカーを借りるよりも快適に移動でき、アクティブに過ごせるのは大きな魅力だ。

IMG_0661

クレジットカードさえあれば、その場ですぐに利用できるシェア自転車。30分・$3.50、または300分・$20のふたつから選択する。300分は無期限有効なので、使い切れなくても次のハワイ旅行時に再び利用できる。街の各所にステーションがまるので便利。

カカアコ地区もダウンタウンもサイクリング圏内

アラモアナショッピングセンターに隣接する、カカアコ地区のワードビレッジには新しい商業施設やコンドミニアムが続々と建設中。すでにオープンしているサウスショアマーケットには、モダンでセンスのいいハワイメイドのアイテムが揃っているので、つい財布の紐がゆるんでしまうはず。
また、近年はワイキキエリアの賃料が高騰していることもあり、若手経営者はダウンタウンやチャイナタウンに出店することが増えている。そのため、おしゃれでスタイリッシュな店や、新感覚の飲食店がこのエリア一帯に点在するようになっている。

IMG_0780

センスの良いハワイメイドのグッズやウエアがセレクトされている『SOUTH SHORE MARKET』。隣には、『TJ-Maxx』や『NORDSTROME rack』といったブランドものがオフプライスで買えるお店も。

IMG_0799
IMG_0790

カカアコ地区には、至る所にグラフィティが描かれており、多くの観光客がインスタ映えを求めて歩いている。今では話題のアートスポットとしてニューヨークタイムスでも取り上げられるほどだ。また、毎年2月に開催されるアートイベントの「POW WOW」では、世界中からグラフィティアーティストが集まり、ワークショップやペイントなどの催しが行われている。日本人アーティストのKAMIとSASUによるHITOTZUKIによる作品も発見。

IMG_0803/div>

ダウンタウンの中心部にある、1922年創業の『ハワイ シアター』もサイクリングしながら通れる。

IMG_0819

どこの国や街でも、活気のある通りといえばチャイナタウン。肉や野菜、魚などが揃う市場が多く、ハワイにいることを忘れるほど。

IMG_0826

ダウンタウンで発見したおしゃれなセレクトショップ『owens & co』。ハワイメイドを中心に、雑貨やウェア、アクセサリー、キッズ向けアイテムなどが揃う。

ホノルルを観光して疲れたら、再びホテルでのんびり。プリンススタイルと呼ばれる対応の気持ち良いスタッフたちのなか、極上の体験を得ることができる。もはやワイキキビーチは大都会。それよりも、オアフ島の新たな中心地で優雅にアクティブに過ごすのが、これからの主流になっていくだろう。

問い合わせ先

PRINCE WAIKIKI

Tel.(808)956-1111

http://jp.princewaikiki.com/