「スターウォーズ」と「スターデザイナー」|LOS ANGELES AUTO SHOW 2017

「スターウォーズ」と「スターデザイナー」|LOS ANGELES AUTO SHOW 2017

Nissan × STAR WARS The Last Jedi

CAR MOTOR SHOW

ロサンゼルス・オートショー2017|LOS ANGELES AUTO SHOW 2017

「スターウォーズ」と「スターデザイナー」

12月に開催されたロサンゼルス モーターショーは、近年の他のモーターショー同様、全世界が注目するような大型のワールドプレミアなど派手な主役が少なかった一方で、2つの「スター」が輝いていたという。現地を訪れた大矢アキオ氏がレポートする。

Text and Photographs by Akio Lorenzo OYA

ニューモデルだけではない

ロサンゼルス・オートショーが2017年12月1日から10日まで一般公開された。

LAショーの始まりは1907年に遡る。1929年には場内の電気系統から火災が発生。幸い犠牲者はなかったが、展示車両の大半が消失するという事故があった。しかし第二次大戦後は全米最大の自動車市場であるカリフォルニアのショーとして、独自の地位を維持してきた。

s_040_LA_motorshow
s_039_LA_motorshow

昨年からは、同じ主催者によって催されてきた「コネクテッドカー・エクスポ」と統一するかたちで、プレスデイ期間中に「オートモビリティLA」と名づけられたイベントも催されるようになった。

「オートモビリティLA」は主にトークショーで構成され、2年目の今年は一般公開日の4日前から始まった。

テーマは「自動車用AI (人工知能) の謎を解く」「妥協なき安全」といったものから「空飛ぶ自動車の時代」を見据えたものまで、最先端のリサーチが行われているLAらしいものが並んだ。

s_013_LA_motorshow

Infiniti QX50

s_043_LA_motorshow

Subaru Ascent

各セッションが終わると、ビジターたちはSNSを通して5段階の内容評価を即座に行える。たとえ登壇者が最先端IT企業のリーダーであっても、率直なジャッジを下せる、いかにもアメリカらしいオープンな企画だ。

ちなみにトヨタは「オーテモビリティLA」のパビリオンで、廃棄物系バイオマスから水素を取り出す発電所をカリフォルニア州内に建設することを発表。すでに10月から実証実験中の燃料電池による大型トラックを展示した。脇に設置されたディスプレイでは、ディーゼルトラックを圧倒的に上回る驚異的な加速力が繰り返し上映されていた。