デザイン・マイアミ2017にて「オブジェ・ノマド」の新色を発表|LOUIS VUITTON

LOUIS VUITTON|デザイン・マイアミ2017にて「オブジェ・ノマド」の新色を発表

DESIGN INTERIOR

LOUIS VUITTON|ルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトンに受け継がれる伝統と
デザイナーのクリエイティビティが生み出すファニチャー

ルイ・ヴィトンは2017年12月に行なわれたデザイン・マイアミ2017のパビリオンにて、フェルディナンド&ウンベルト・カンパーナが手掛けたオブジェ・ノマドコレクションの新色「ボンボカ・ソファ」を発表した。

Text by OZAKI Sayaka

“旅”にインスパイアされたモチーフをデザイン

「オブジェ・ノマド コレクション」はルイ・ヴィトンに受け継がれる、旅の真髄(こころ)からインスピレーションを得たトラベル&ホームコレクション。

4月のミラノサローネでお披露目され、今回のデザイン・マイアミ2017では新色モデルがコレクションに加えられた「ボンボカ・ソファ」。このアイテムは、雲の形やカラフルで丸いシーアップル(ナマコの一種)から着想を得たモジュール式のソファだ。レザーで覆われたシェルの中に、取り外し可能な8個のクッションが並べられている。

レザーはルイ・ヴィトンのバッグと同素材。クッション素材にはベルベットや質感のあるファブリックを用い、ブルー、ターコイズ系の5種のカラーを組み合わせた。ブラジルの結婚式や子どもたちのパーティで供されるスイーツに因んで、「とてもおいしい(良い)」という意味を込めてのネーミングである。

ほか、コレクション新作には、アトリエ・オイが手掛けた「スウィング・ボート」や「ベルト・チェア」、インディア・マダヴィによるレザー象嵌細工の「タリスマン・テーブル」、マルセル・ワンダースが制作したロッキングチェア「ルーン・チェア」、「ダイヤモンド・スクリーン」などが加えられた。これらのコレクションの一部は、ルイ・ヴィトン マイアミ デザイン ディストリクト ストアにおいて公開される予定だ。

(1)-©-LOUIS-VUITTON-MALLETIER---BFA
(3)-©-LOUIS-VUITTON-MALLETIER---BFA
問い合わせ先

ルイ・ヴィトン クライアントサービス

0120-00-1854