MUSIC|ピアニスト上原ひろみインタビュー

MUSIC|ピアニスト上原ひろみインタビュー

LOUNGE INTERVIEW

MUSIC|ピアニスト上原ひろみインタビュー

冒険心が拓く、音楽の新しい地平
上原ひろみ meets ハープ

コロンビア出身のハープ奏者との出会い、そして、ライブからある種の化学反応から生まれた。

Photo by KOIKE yuki(jam and fix)Text by NAGASAKI yoshitsugu(PARAGRAPH)

エドマール・カスタネーダのハープは、未知との遭遇

s_002_uehara_hiromi

「未知との遭遇でした」。

開口一番、彼女の口から飛び出したフレーズはこれだった。

コロンビア出身のハープ奏者との共演という、これまでにない試みに飛び込んだ理由とはなんだったのだろう。

「最初に彼の演奏を聴いたのは、カナダのモントリオール・ジャズフェスティバル。とにかく情熱的で、ハープという楽器がここまで表情豊かなものだったと驚きの連続で、一緒に演奏したらきっと面白くなるに違いないという確信があって。その強い印象を受けたのがきっかけで、すぐに連絡先を交換しました」。

響きあう何か。それは、コロンビアの伝統的な音楽を継承しつつ、ニューヨークで本格的にジャズにのめり込んだという、エドマール・カスタネーダにしか生み出せないサウンド。コロンビアという中米に位置する国のラテンの血がその背景にあるのは確かだろう。

エドマール・カスタネーダはコロンビアで生まれ、現地の伝統音楽であるムジカ・ジャネーラを学ぶ。その後、16歳でニューヨークへと渡りジャズと出会うのだった。

その驚異的なテクニックは、ニューヨークのジャズジャイアントたちを虜にし、瞬くまに世界的なプレーヤーとなる。アルパと呼ばれるコロンビアの伝統的なハープを使い、ベース・ライン、メロディ、テンション・コードを同時に演奏するのだ。

s_003_uehara_hiromi

そのテクニックと、上原ひろみのテクニックが出会うと何が起こるか。それだけでまったく新しいジャズが生まれるだろうということは容易に想像できるのだが。

「ある種の化学反応のような。お互いのインプロビゼーションが響きあうという、彼との演奏自体が新しい体験を私にももたらせてくれるのを感じます」。

s_004_uehara_hiromi

ピアノとハープ。その二つの楽器が絡み合うように、それでいてお互いをリスペクトするように楽曲が流れていく。

「ジ・エレメンツという組曲はこのデュオのための書き下ろしです。同世代のエドマールとは、最初からしっくりと来る感じがあり、彼とでなければできない曲をという意味で、この曲を作ったのです」。

しかも出会いの地であるモントリオールでのライブレコーディング。

「やはり彼との演奏はライブで、それもきっかけとなったモントリオールでと最初から考えていました」。

s_005_uehara_hiromi
s_006_uehara_hiromi

そして圧巻とも言えるラスト曲“リベルタンゴ”へと息を持つかせず流れていく。

ピアノとハープの出会い。二人のミュージシャンの幸せな関係。日本とコロンビア。様々な出会いが生み出した未体験の音楽の奇跡。
このアルバムからほとばしり出る熱量を感じる時、きっと高揚感に包まれたジャズの新世界を知ることだろう。

009_uehara_hiromi


live_in_montreal_smb

ライヴ・イン・モントリオール

上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ
UCCO-1188
ユニバーサルミュージック

『ライヴ・イン・モントリオール』が、第59回 日本レコード大賞にて「優秀アルバム賞」を受賞

■ツアー情報
上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ
LIVE IN JAPAN TOUR 2017
11月22日(水) 神戸国際会館こくさいホール
11月24日(金)~26日(日) ビルボードライブ大阪
11月28日(火)~30日(木) コットンクラブ
12月1日(金)~3日(日) ブルーノート東京
12月5日(火) 名古屋・三井住友海上しらかわホール
12月6日(水) 福岡国際会議場 メインホール
12月7日(木) 静岡市民文化会館 中ホール
12月8日(金) 東京・すみだトリフォニーホール

■チケット情報
http://www.hiromiuehara.com/tour2017/live.html