あの「座イス」が、いよいよグッドデザイン ロングライフデザイン賞に|Tendo Mokko

Tendo Mokko|あの「座イス」が、いよいよグッドデザイン ロングライフデザイン賞に

DESIGN NEWS

Tendo Mokko|天童木工

北欧のエッセンスを受け継いだシンプルな機能美

1963年に発表された天童木工の「座イス」が2017年度のグッドデザイン賞の「ロングライフデザイン賞」を受賞した。

Text by YANAKA Tomomi

藤森健次による機能性とルックスを両立させたデザイン

旅館や飲食店で、今でも目にする座イス。今日では類似デザインが数多く出回るものの、その元祖と言えるのが1963年に発表された天童木工の「座イス」だ。

この座イスが、長年にわたりユーザーからの支持を得て、今後もその価値を発揮し続けるであろうデザインを顕彰する「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」に輝いた。

一枚の成形合板を三次元曲面へと加工した複雑構造でありながら、一切無駄のないデザインに仕上げたのは、北欧でデザインを学び、機能的かつ美しい家具を生み出してきた藤森健次(1919-1993)。

座イス_S-5046KY-NT1

背もたれが背中にやさしくフィットし、“しなり”が圧迫感を和らげてくれるほか、座面の穴は座布団を置いた際のズレを防止したり、軽量化や反り返り防止の働きがある。

重さも1.7キログラムと軽く、積み重ねることも可能という考え抜かれたデザインで、アメリカ・フィラデルフィア美術館の永久収蔵品に選定。日本の生活文化に根付いた機能美を後世へと伝えている。

受賞した「座イス」は、11月1日(水)から11月5日(日)まで六本木の東京ミッドタウンで開かれた『グッドデザイン エキシビション2017』にて、ほかの受賞作品などとともに紹介された。

座イス
サイズ|W330mm×D490mm×H400mm
価格|2万1000円(税別)

問い合わせ先

天童木工

http://www.tendo-mokko.co.jp/