AMG GTシリーズにGT Cが誕生|Mercedes-AMG

AMG GTシリーズにGT Cが誕生|Mercedes-AMG

CAR NEWS

Mercedes-AMG GT C|メルセデスAMG GT C

Mercedes-AMG GT C Edition 50|メルセデスAMG GT Cエディション 50

メルセデスAMG設立50周年を記念した特別仕様車も
AMG GTシリーズにGT Cが誕生

メルセデス・ベンツ日本はメルセデスAMGのフラッグシップスポーツカー「GT」シリーズに「GT C」を追加。さらに、メルセデスAMG設立50周年を記念した特別仕様車「GT C エディション50」を発表するとともに予約を開始した。日本国内では12台限定で販売される。

Text by YANAKA Tomomi

「GT R」と「GT S」の中間に位置するグレード

新たに発表された「GT C」は、「GT」をベースに、公道走行可能なレーシングモデル「GT R」の技術を取り込んだエクスクルーシブモデルとして導入。「GT R」と「GT S」の中間に位置することとなる。

4.0リッターV8直噴ツインターボエンジンには、軽量化と強度を両立するアルミニウムクランクケースと鍛造アルミニウム製ピストンや、メルセデスAMGのF1マシンにも採用されている軽量化技術を採用。最高出力は410kW(557ps)、最大トルク680Nmを発生、0-100km/h加速は3.7秒を記録する。

s_001_mb_amg_gtc

Mercedes-AMG GT C

s_006_mb_amg_gtc

デュアルクラッチ式の7段ATのトランスミッションは、燃費と快適性を優先する「C(コンフォート)」から、「S(スポーツ)」、「S+(スポーツプラス)」の3段階のシフトモードを用意。さらに、さまざまなパラメーターを個別に設定できる「I(インディビジュアル)」も設定され、サーキット走行のための「レースモード」も搭載する。

エクステリアには1952年に開催された伝説的なレース、カレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝を飾った「300 SL」を彷彿とさせる「AMGパナメリカーナグリル」が取り入れられた。

s_014_mb_amg_gtc

Mercedes-AMG GT C Edition 50

s_028_mb_amg_gtc

安全運転支援システムでは、レーダーセンサーにより先行車を認識し、設定速度の範囲内で車間距離を適切に維持して追従し、先行車が停止した場合も減速して停止する「ディスタンスパイロット・ディストロニック」を含むレーダーセーフティパッケージが標準で装備された。

いっぽう、世界で500台限定で発売される特別仕様車「GT Cエディション50」は、ボディカラーにホワイトとグレーの2色を設定。内装にはナッパレザー仕様のシルバーパールとブラックのツートーンが取り入れられ、内外装の随所にブラッククロームを施すことで特別感を演出。ヘッドレストには「EDITION 50」のロゴが、ステアリング下にも「EDITION 50」のバッジが光る。

販売台数は日本では12台のみで、価格は2,290万円。デリバリーはGT Cともに2018年上半期より順次行われるという。

080507_eac_spec
Mercedes-AMG GT C|メルセデスAMG GT C
Mercedes-AMG GT C Edition 50|メルセデスAMG GT C エディション 50
ボディサイズ|全長4,550×全幅1,995×全高1,290mm
ホイールベース|2,630mm
トレッド前/後|1,680/1,695mm
車両重量|1,710kg
最低地上高|115mm
エンジン|3,982ccV型8気筒ツインターボガソリンエンジン
最高出力|410kW(557ps)/5,750-6,750rpm
最大トルク|680Nm(69.3kgm)/1,900-5,500rpm
トランスミッション|電子制御7段AT
駆動方式|FR
ブレーキ|ベンチレーテッドディスク
タイヤ前|265/35R19
タイヤ後|305/30R20
定員|2名
最小回転半径|5.3m
ステアリング|左
価格|2,219万円

問い合わせ先

メルセデスコール

0120-190-610