911 Tの流れを汲む911 カレラT発表|Porsche

911 Tの流れを汲む911 カレラT発表|Porsche

CAR NEWS

Porsche 911 Carrera T|ポルシェ 911 カレラT

911 Tの流れを汲む911 カレラT発表911 カレラT発表

ポルシェはドイツ時間の10月23日(月)、「911」に新たなグレード「911 カレラT」を導入すると発表した。

Text by YANAKA Tomomi

パワーウエイトレシオは3.85kg/psに向上し、パフォーマンスを強化

1968年にデビューした「911 T」の軽さや後輪駆動、そしてツーリングを意味する“T”を受け継いだ「911 カレラT」の登場がアナウンスされた。ポルシェでは「911ファミリーの純粋主義を象徴するニューモデル」と謳う。

エンジンは911カレラと同じ3リッター6気筒水平対向ツインターボエンジンで、最高出力272kW(370ps)、最大トルク450Nmを発生。パワーウエイトレシオは3.85kg/psに向上し、パフォーマンスが強化された。

本国ではMTトランスミッションも導入されるが、日本では7段デュアルクラッチ トランスミッション(PDK)仕様のみの展開。0-100km/h加速は4.2秒、最高速度は290km/hを記録する。

s_008_porshe-911
s_003_porshe-911

外観は911カレラをベースにしながらも、ボディパーツとホイールで差別化。車高を20mm低くしたPASMスポーツシャシーが取入れられ、フロントには空力を最適化するフロントスポイラーリップを装備。スポーツデザインのドアミラーはアゲートフレーメタリックに塗装されたほか、足元にはチタングレー塗装の20インチ、カレラSホイールも与えられている。

リアではリアリッドグリルや、ブラック塗装したセンター出しのテールパイプのスポーツエグゾーストシステムが存在感を発揮する。

インテリアもスポーティかつ“純粋主義”を強調。運転席にはブラックのスポーツシートが採用され、ヘッドレストには911のロゴを刺繍。オプションでフルバケットシートを選択することも可能だ。

s_005_porshe-911
s_006_porshe-911

レザーリムのGTスポーツステアリングホイールでは、標準装備されたモードスイッチを使用し、ドライビングプログラムを選択できるほか、レッドのシフトパターンとショート化されたシフトレバーなどは911カレラT専用となる。

ボディカラーはホワイトやメタリックのジェットブラックにくわえ、ガーズレッドやレーシングイエロー、マイアミブルーなどが用意された。

価格などは未定。今後の続報を待ちたい。

問い合わせ先

ポルシェ カスタマーケアセンター

0120-846-911