名優ポール・ニューマンが所有した究極のロレックス“ポール・ニューマン”デイトナ|PHILLIPS

PHILLIPS|名優ポール・ニューマンが所有した究極のロレックス“ポール・ニューマン”デイトナ

©PHILLIPS

WATCH&JEWELRY FEATURES

PHILLIPS|フィリップス

予想落札価格1億円以上。20世紀、伝説の腕時計が
PHILLIPSのNYウォッチ・オークションに初出品(1)

2017年10月26日(木)、最高級時計に特化したオークションハウス「フィリップス・イン・アソシエーション・ウィズ・バックス&ルッソ」が、「WINNING ICONS(勝利の肖像)―20世紀、伝説の腕時計―」オークションをニューヨークで初開催。そのなかで、ポール・ニューマン自身が所有・使用した唯一無二のロレックス“ポール・ニューマン”コスモグラフ・デイトナが出品されることになった。

Text by UEOKA Yasuko

オークション開催は2017年10月26日(木)。この時計は誰の手に!?

なんたって、伝説のニックネームの由来となった時計の実物なのである。コレクターやマニアの間では、ロレックス・デイトナが世界的に求められ、コレクタブルな機械式時計になった理由は、このポール・ニューマンダイアルのエピソードがあったからとも言われている。

A

©Douglas Kirkland/ Corbis Via Getty Images

実際、ポール・ニューマンはいくつもの顔を持っていた。俳優、ディレクター、レーシング・ドライバー、起業家、家庭的な人物、そして慈善事業家でもあった。アカデミー賞を2度受賞(主演男優賞1回含む)し、米映画界で最も優れた才能を持った俳優のひとりである。

1969年の主演映画『WINNING』(※邦題『レーサー』)では、レーシング・ドライバー役を演じた。妻のジョアン・ウッドワードもこの映画に妻役で出演。この作品をきっかけに、彼はレーサーとしてのキャリアでも成功を収め、1979年のル・マン24時間レースでは2位に入賞した。

ただ妻ジョアンはいつも夫が事故に遭わないか、映画のセットの中でも不安を感じていた。そこで彼女は映画の撮影中か撮影後に、おそらくティファニーで、夫に最高のプレゼントを購入した。ロレックス・コスモグラフデイトナ。モーター・スポーツのために特別デザインされた腕時計だ。ケースバックには「DRIVE CAREFULLY ME 運転、気を付けて」というジョアンが夫のために選んだ、心からの愛情溢れる文字が刻まれている。ジョアンは、彼がレース場へ向かうたび、命の危険を感じていたのだ。

素晴らしい感性の持ち主だった妻ジョアンは、コスモグラフ・デイトナの珍しい特別バージョンを選んだ。レファレンス番号6239、エキゾチックダイアルと呼ばれる文字盤が付いている。

レファレンス番号6239は、ロレックスの象徴的なコスモグラフ・デイトナの最初のモデルであり、1963年から1970年頃まで製造されていた。このモデルは瞬時に、そしてはっきりと速度が測定できるよう、ベゼルにタキメーター・スケールが彫り込まれた、ロレックス社初のクロノグラフである。

1980年代、腕時計のコレクションが本格的に広がりはじめ、エキゾチックダイアルが付いたデイトナはポール・ニューマンモデルとして知られるようになった。ニューマン自身が長年、この時計を着けているのを人々が目にしていたからだった。ポール・ニューマンモデルの文字盤には、6時位置にDAYTONAの赤い文字、そしてクロノグラフ針用の赤い目盛りが特徴である。またインダイアルにも特徴がある。インダイアルの数字は美しいアールデコ調のフォントで、インデックスには正方形が使用されている。これが通常のデイトナダイアルとの違いである。

今回のオークションでは、この特別なレファレンス番号6239が登場する。これは1980年代以来、姿を見ることのなかったロレックス“ポール・ニューマン”デイトナの中で最も重要な1本と称される。今回、PHILLIPSのオークションに登場するこの1本こそ、伝説の人物が日々、愛用したものであり、長年、雑誌や書籍で掲載されてきた写真の腕時計そのものなのだ。

ポール・ニューマンはその後、いろいろな年代のデイトナを愛用したが、最初に彼が身に着けたデイトナがこれだ。すなわち彼が所有し、使用した唯一のエキゾチックダイアルのデイトナであることから、究極のロレックス・デイトナとも言えるだろう。

Page02. 長女“ネル”に関係する物語