vol.6「ドレッシーに、ブルゾン!」 BARACUTA|バラクータ

vol.6「ドレッシーに、ブルゾン!」 BARACUTA|バラクータ

連載|編集大魔王・祐真朋樹 ザ★ベスト7

ザ★ベスト7 7KOROBI TOMOKI

編集大魔王・祐真朋樹の渾身のチョイスが冴えわたる連載も六回目を迎え、ますます絶好調。今回は、あえてカジュアルに着ないミリタリーブルゾンをチョイス。Tシャツにジーンズの上に羽織ったのはもうひと昔、いや、5昔前。カラー限定でスタイリッシュにみえる着こなしを提案します。

Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京

BARACUTA|バラクータ

s_001_best7_06_baracuta
s_005_best7_06_baracuta

祐真 「ブルゾンといえばG9(ジー・ナイン)というぐらい、すべてのブルゾンの原型となっているのがこれ。1938年に誕生して以来、シルエットやデザインは時代とともにマイナーチェンジしてきてはいますが、やはりオーセンティックな魅力にあふれています。表地の色はネイビーや黒、赤がメジャーですけれど、オリーブグリーンだとちょっと大人っぽくて違った印象に見えるのが面白い。これこそエレガントに着こなすべき定番といえます」

1960年代に黄金期のハリウッドスターやミュージシャンが着用し爆発的な人気を得て以来、男のワードローブのマストハブとなったG9(ジー・ナイン)。元は英国軍のジャンパーをベースに、ゴルフ用のアウターとしてデザインされたこのブルゾン。赤ベースにブルーとグリーンが重なったフレイザー・タータンとともに、メンズウェアの永遠のアイコンとなっている。4万6000円(バラクータ/スープリームス インコーポレーテッド 03-3583-3151)

s_002_best7_06_baracuta_cube
s_003_best7_06_baracuta_cube
s_004_best7_06_baracuta_cube
問い合わせ先

バラクータ/スープリームス インコーポレーテッド

03-3583-3151

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』『ENGINE』等のファッションページのディレクションのほか、著名アーティストや文化人の広告のスタイリング等を手掛けている。パリとミラノのコレクション観覧歴はかれこれ25年以上。   Born in 1965 in Kyoto, Japan. He started his career as a fashion editor at POPEYE magazine of Magazine House. Currently, he is working on various magazines such as UOMO(SHUEISHA), GQ(Conde Nast Japan),Casa BRUTUS (Magazine House), MEN’S NON NO (SHUEISHA), ENGINE(SHINCHOSHA)and he is setting styling people such as artists and […]