MEDICOM TOY|Amplifier “坂本龍一” TEE Design A/Design B/Design C

MEDICOM TOY|Amplifier “坂本龍一” TEE Design A/Design B/Design C

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

この秋、ドキュメンタリー映画も公開
坂本龍一氏の肖像がTシャツで登場

Text by SHINNNO Kunihiko

MEDICOM TOYの最新作は、クラシック、現代音楽、ポップミュージックなどジャンルを超えた活動で知られる音楽家・坂本龍一氏がテーマだ。「軌跡を繋ぎ、そして纏う」を掲げ、日本のミュージックシーンにおいて時代を作り上げたアーティストの肖像をアパレルに落とし込み、普遍的なアイコンとして後世に受け継ぐことをコンセプトにしたロックアパレルブランドAmplifierからのリリースである。

1978年よりYMOのメンバーとして活躍し、1983年には映画『戦場のメリークリスマス』で俳優として出演。1987年公開の映画『ラストエンペラー』では日本人初のアカデミー作曲賞を受賞した坂本龍一氏。

今年3月には、8年ぶりのオリジナルアルバム『async』を発表し、11月4日からはドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』が公開される予定だ。

こうしたタイミングでリリースされることとなったTシャツは、YMO時代、ソロ時代、現在という異なる3つの時代に撮影された坂本氏のポートレイトを落とし込んだもの。

Design Aは、今春ワタリウム美術館で開催された「坂本龍一 設置音楽展 async」にてインスタレーションを制作したニューヨーク在住のアーティストデュオ、Zakkubalanが手掛けた現在のポートレイト。

Design BとDesign C は、T・レックスやデヴィッド・ボウイをアーティスティックに撮影し、世界的に高く評価されている写真家、鋤田正義によるもの。アカデミー作曲賞を受賞し、音楽家としてさらなる飛躍を遂げた’90年代のDesign B。YMO在籍時の1981年に発表した3作目のソロアルバム『左うでの夢』のジャケット写真を使用したDesign Cだ。

s_004_amplifier_sakamoto

<Design A> © zakkubalan

s_005_amplifier_sakamoto

<Design B> © Sukita

s_006_amplifier_sakamoto

<Design C> © Sukita

3型ともカラーは白と黒の各2色展開。サイズはS~XLの各4サイズ。メディコム・トイ直営各店舗&運営オンラインストア各店、他一部店舗にて11月発売予定・各6296円(税抜)。プロデュース:ヒラカワレンタロウ
※完全生産限定品につき在庫がなくなり次第、販売終了となります。

問い合わせ先

メディコム・トイ ユーザーサポート

Tel.03-3460-7555 受付時間11:00〜18:00(土日祝日を除く)

http://www.medicomtoy.co.jp

ABOUT
SAKAMOTO Ryuichi

1952年東京生まれ。東京芸術大学大学院修士課程修了。1978年『千のナイフ』でソロデビュー。同年、 細野晴臣、高橋幸宏と『YMO』を結成。散解後も、音楽・映画・出版・広告など、メディアを越えて精力的に活動。 83年、み …