メルセデスAMG G 65の装備変更|Mercedes-AMG

メルセデスAMG G 65の装備変更|Mercedes-AMG

CAR NEWS

Mercedes-AMG G 65|メルセデスAMG G 65

メルセデスAMG G 65の装備変更

メルセデス・ベンツ日本は、装備内容を充実したオフローダー、メルセデスAMG「G65」の注文を、2017年9月26日から12月末日までの期間限定で受け付けると発表した。

Text by OPENERS

3,000通りのカスタマイズが可能、価格は3,900万円

メルセデス・ベンツ「Gクラス」は、1979年の発売以来、基本的スタイリングや堅牢なボディはそのままに、常に最適のパワートレインや装備を追加しながら進化してきた同社のSUVラインナップを代表する最高級クロスカントリービークルだ。

中でもメルセデスAMG「G 65」は、AMG製6.0リッターV型12気筒ツインターボ エンジンを搭載した最もパワフルなモデル。今回の変更では、専用ボディカラーや専用インテリアカラー、トリムを追加し、3,000通り以上のカスタマイズができるほか、通常では設定のない専用のオプションパッケージが選択可能になった。

エクステリアではdesignoデザートサンドを始め、designoマグノアラナイトグレーなど新しい9色の上質で個性豊かなdesignoボディカラーを追加。またインテリアでは、AMGカーボンファイバー インテリア トリムを設定し、「designoシャンパン ホワイト ピアノ ラッカー トリム」「designoサテン ライト ブラウン ポプラーウッド トリム」の2パターンを新たに追加。合計で3,000通り以上の内外色とインテリアトリムの組み合わせを、無償で選択することができるようになった。

s_002_AMG_G_65
s_011_AMG_G_65

さらに、メルセデスAMG G 65の個性を強調する2つの専用パッケージオプションも無償で用意。「エクスクルーシブ エディション」では、オフローダーらしいステンレスアンダーカバーやダークアルミニウム調ストリップラインのエクステリアと、カーボン調レザーシートなどエクスクルーシブ性を高めたインテリアの組み合わせとし、「ナイトパッケージ」では、スポーティな印象を高めるため、艶やかなブラックアクセントを配したフロントフェンダー、フロントバンパーやリアバンパー、ブラックペイント20インチAMG5ツインスポーク アルミホイールを採用した。

フロントに搭載するAMG謹製6.0リッターV型12気筒ツインターボガソリンエンジンが発生する最高出力463kW(630Pps/5,000-5,300rpmや最大トルク1,000Nm/2,300-4,300rpmに変更はなく、価格の3,900万円もそのままだ。納車は2018年3月以降になる予定。

問い合わせ先

メルセデスコール

0120-190-610